女子部 関東学生春季リーグ vs学習院大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事・写真 大森葵)

 強敵・駿河台大に惜しくも敗北を喫した前回の試合(●1-3)。今シーズン初勝利を目指して挑む相手は学習院大だ。試合は終始、積極的に攻め続けたワセダのペース。開始直後にFW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)が先制点を奪うと、前半だけで5点を獲得する。さらに後半も攻撃の手を緩めず5点を追加し、10-0で圧勝。目標としていた得点数には届かなかったものの、実力の違いを見せつける試合となった。
 ワセダは序盤から積極的な攻撃の姿勢を見せた。ボールを常に支配してパスを回し、FB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)を中心に試合を組み立てていく。すると前半2分に瀧澤育がサイドからのパスを冷静にタッチし、幸先よく先制点を獲得。13分にも瀧澤育が追加点を奪うと、完全に流れは早大に。その後立て続けにペナルティーコーナー(PC)のチャンスを得るものの、ここは相手GKの好セーブに阻まれ得点ならず。それでも21分、MF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)が中央に持ちこみゴール。終了間際にも2点を追加し、5-0で前半を折り返す。
 迎えた後半もワセダの猛攻は止まらない。後半7分、八木澤が相手GKの頭上を抜くシュートを鮮やかに決める。さらに13分と19分には、小澤と瀧澤育がそれぞれゴールネットを揺らした。守備でも注目のルーキー・FB瀧澤璃菜(スポ1=岩手・沼宮内)が華麗なパスカットを見せ、相手の攻撃の芽を摘む。すると22分、その瀧澤璃からのパスをこの日5得点目となる瀧澤育が決め9-0。30分にはFW戸枝百合香(教4=東京・鴎友学園)がゴール前の混戦を制し、10点目を獲得する。終盤に入ってもフィールドを大きく使い追加点を狙うが、ここでタイムアップ。学習院大にゴールを脅かされることなく、無失点で試合を終えた。
 フィールドゴールを中心としてPCでも得点を挙げ、快勝したかに見えたこの試合。しかし「課題が残るゲームになってしまった」と八木澤が語るように、選手たちは満足していない。「5得点しか取れなかった」。得点を量産し活躍を見せた瀧澤育もこう語る。たしかにPCを7回も得ながら、直接的に得点に結びついたのは2回のみ。また数多くのシュートチャンスをものにできず、課題の残る試合となった。それでも10-0で勝利を収めたことは次へとつながるだろう。きょうの反省点を生かし、次の立大戦ではさらに圧倒的な勝利を目指して試合に臨む。