早大学院 第46回全国高等学校選抜ホッケー大会vs横田高校

 (日本ホッケー協会事務局発行の選評を引用、一部追記)
 横田高等学校のセンターパスにより、前半戦が開始された。立ち上がりから両者激しい攻防が続く。18分横田がPCを取得。#6渡部が強烈なヒットシュートを決め、先制点を挙げる。その後27分早稲田がPCを取得。ワンツーからDFをかわしシュートするも、ポストに当たり得点には至らない。32分横田が再びPCを取得。#6渡部がヒットシュートで決め2-0となり、横田リードで前半を折り返す。後半の開始とともに両チームの激しい攻防が繰り広げられる。互いにPCを取得するも得点には至らない。47分、横田#6渡部がリバースシュートを決め3-0となる。勢いがついた横田は52分#15井上がタッチシュートを決めると、さらに58分#8杠、66分#野原が追加点を挙げ6-0となる。得点が欲しい早稲田も必死に攻めるが、相手のDFに阻まれ得点を挙げることができない。そのまま試合は終了し6-0で横田高等学校が2回戦に駒を進めた。