女子部 関東学生春季リーグ vs立教大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 中村ちひろ)

 前回の学習院大戦で圧倒的勝利を飾った早大。きょうも大量得点を目標にかかげ、立大との勝負に挑んだ。6-0で実力差を見せつけるも、相手の好守備に阻まれ予想以上に得点を伸ばすことができず。次戦から始まる順位決定予選に向け、課題が見つかる試合となった。
 「前半の5分で点数を決めることが目標」(FB八木澤江里主将、スポ4=栃木・今市)。序盤から果敢に攻め立てるも、相手のペースでなかなかパスを通すことができない。度々訪れたペナルティーコーナー(PC)のチャンスも相手GKの好セーブによりなかなか得点に結びつかず、もどかしい時間帯が続いた。次第にワセダのペースに持ち込み、主導権をつかんだと思われたその時、突然立大の魔の手が襲いかかる。しかしGK南有紗(スポ2=埼玉・飯能)の体を張った好セーブで失点をまぬがれた。ここで早大のスイッチが入ったのであろう。直後の31分、八木澤が強烈なシュートを打ち込む。続く34分にも、コーナーからつないだパスをFB藤本晴菜(スポ3=栃木・今市)がしっかり狙い加点。前半終了間際に2得点を獲得した。
 さらなる得点を稼ぎたい後半。12分に前半決められなかったPCで、仲間の好アシストを受けたFW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)がゴールネット上部を揺らす。その後FW井上燦(スポ2=福岡・玄海)が14分、混戦を抜け出しボールをゴールに流し込んだ。さらにそのおよそ10分後、左サイドからの鋭いクロスに合わせネットを揺らし、連続得点を決める。31分にはMF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)がドリブルで中央を切り裂き、鋭いシュート。順調に得点を重ね、6-0で試合が終了した。
 結果だけ見ると圧勝ではあるが、選手たちは試合内容に満足していない。立ち上がりを改善し、PCからの決定率を上げることが必要とされる。次の相手は絶対的女王・山梨学院大。これまでのような、一筋縄ではいかない厳しい戦いが待っている。「相手を研究し、戦法を考えた上で自分たちのホッケーをしたい」(小澤)。いかに失点を防いで、少ないチャンスで得点を決めることが出来るか――。早大の本当の戦いが始まるのはここからだ。


(写真 早稲田スポーツ新聞会:深瀬真由、杉田陵也 成城大学OB三宅様)