女子部 関東学生春季リーグ vs山梨学院大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 戸出彩水、写真 中村ちひろ)

 どんよりとした灰色の空の下行われた春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)順位決定予選。相手は絶対女王である山梨学院大。試合前から予想された通り、絶え間ない相手の華麗な攻めに苦しめられる。厳しい状況の中、ワセダは観客が思わず声をあげてしまうような素晴らしい守備を見せ、強豪校に対して2失点に抑えた。結果は1-2。惜しくも下剋上とはならなかったものの、自信が得られた試合となった。
 序盤から容赦ない女王に防戦を強いられる。相手のFW陣はパスの正確さ・ドリブル力・スピードでワセダを圧倒し、一寸の隙も見せない。終始、自陣でのプレー。ここで守護神GK南有紗(スポ2=埼玉・飯能)が大いに存在感を発揮する。前半だけで6回ものペナルティーコーナー(PC)を許し、幾度となくゴールを狙われるも、身をていした守備で相手の気勢をそぐ。しかしDF陣から前線へのロングパスは、相手DFの素早く絶妙なカットに断ち切られ、守備から攻撃への展開ができない。シュートどころか相手陣のサークル内での攻撃も許されず、課題を残し前半を0-0で折り返す。
 後半も女王・山梨学院大は攻撃の手を緩めない。開始早々3分、遂にワセダの守備が崩された。PCからのシュートをまたも南が好セーブをするも、こぼれ球により失点。この失点により、攻撃陣のスイッチが入る。前半からの混戦に疲れを見せ始めた相手の隙につけこみ、徐々にロングパスが通るように。FW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)を中心にドリブルで前進し、好機をうかがう。中盤、さらにPCからの1点を奪われるも、最後まで粘りのホッケーを見せるワセダ。そして試合終了まで残り10分、ようやくPCを獲得する。フェイントで相手を惑わしたところをFB瀧澤璃菜(スポ1=岩手・沼宮内)がシュート。その跳ね返りをFB藤本晴菜(スポ3=栃木・今市)が落ち着いて決め1点を返す。
 前後半70分のほとんどを守りに徹するという、一瞬の油断も辞せぬゲームとなった。試合は1-2と勝利を逃す結果に。しかしながら相手は、関東では負けなしの山梨学院大。前半を無失点に抑え、試合終了間際まで諦めず、わずかなチャンスに必死に食らいつき、後半には1点を奪い返した。堂々たる試合内容であろう。これはFB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)の「強い気持ちでチーム一丸となって戦っていた」という言葉通り、部員たちの勝ちへの強いこだわりが導いた結果である。次戦はワセダが苦手とする駿河台大との3位決定戦。全員ホッケーでの勝利に期待が膨らむ。