男子部 関東学生春季リーグ決勝 vs明治大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 大森葵、写真 難波亮誠)

 先週の春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)準決勝で強豪・山梨学院大にSO戦の末、勝利を手にしたワセダ。決勝戦は明大との対戦となった。試合は序盤から一進一退の攻防が続く。しかしミスから相手にチャンスをつくられると、徐々に流れは明大に。前半は0点に抑え粘ったものの、後半は猛攻に耐えることができなかった。3点ビハインドの中、1点を返し意地を見せたが、その後さらに2点を奪われ1-5で無念の敗北。目標としていた優勝は達成できなかった。
 主力のケガの影響により、ポジションを変えて臨んだ前半。ペナルティーコーナー(PC)を奪うなど、積極的な攻め上がりを見せる。しかしこの日はミスが目立ち、徐々に明大にペースを握られてしまう展開に。春季リーグ戦を通じて安定感を見せていた守備陣も、この日は精彩を欠いた。前線へのロングパスが通らず、サークル内に切り込むことができない。FW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)が個人技で打開しようとするも、得点には結びつかず。攻め込まれる時間帯が続いたが、相手のミスにも救われ0-0で前半を折り返す。
 迎えた後半2分、ペナルティーストロークを与えてしまいついに失点。先制点を奪われ、ここでワセダの攻撃のスイッチが入る。宮崎やMF宮口和樹(スポ2=滋賀・伊吹)、FW川原悠雅(社4=佐賀・伊万里商)を中心にゴールを狙うも、1点が遠い。PCのチャンスも決められず、好機を生かすことができない時間が続く。すると立て続けに失点し、完全に流れは明大へ。21分、FB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)からのパスを宮崎が決め1点を返し巻き返しを狙うが、反撃もここまで。さらに2失点を喫し、点差を広げられてしまう。「気持ちが途切れてしまった」とFB木村浩一郎主将(スポ4=栃木・今市)。部員数の少ないワセダは徐々に疲労の色が見え始め、無念のタイムアップ。早明戦となった決勝は、1-5で完敗という結果となった。
 「正直、すごく悔しい」(木村)。「最後の一歩が届かず悔しい」(宮口)。試合後、数多くの選手の口からでた「悔しい」という一言。関東制覇が目の前にあっただけに、悔いが残る準優勝となってしまった。しかし昨季の秋季関東学生リーグで2部との入れ替え戦を経験し、そこからの2位。さらに準決勝では山梨学院大に勝利するなど、今後の戦いを期待させる大会となった。まだ、シーズンは始まったばかりだ。「部員数が少ない分、層の厚いチームづくりをして連帯感を高めたい」(鵜飼)。7月の全日本大学王座決定戦、そして全日本学生選手権、さらには最終目標の全日本選手権出場へ。早大男子ホッケー部は歩みを止めることはない。
 今大会を通じ、攻守共々で活躍を見せた鵜飼が大会MVPを受賞。「単純にすごく嬉しいです。この成績に恥じないプレーをできるよう日々努力します。」と語り、今後もワセダのキーマンとしての活躍が期待される。また宮崎も敢闘賞に選ばれ、「これからも継続してやっていきたい」と向上心をのぞかせた。さらにベストイレブンには木村、鵜飼、MF中村拓郎(社4=富山・石動)、宮崎、宮口の5名が選出。ベストイレブンが発表されると、多くの選手が笑顔を見せた。