女子部 大学王座決定戦 一回戦 vs東京農業大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 大森葵、写真 難波亮誠)

 ことしもついに全日本大学王座決定戦(王座)が開幕した。雨が降りしきる中で行われた1回戦の相手は、関東第2代表の東農大だ。試合は序盤から両者譲らず一進一退の攻防が続く。しかし徐々にペースをつかみ始めると、前半22分にMF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)が豪快なゴールを奪った。さらに後半にも2点を追加。一方守備陣も、相手に攻め込まれる時間帯をなんとか守り切り無失点に抑える。3-0で勝利を収め、あすの準々決勝へと駒を進めた。

 悪天候の中、序盤は互いに決定機をつくることができない時間が続いた。それでも徐々に自分たちのリズムをつかみ始め、FW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)を中心に攻め立てていく。試合が動いたのは、前半22分だった。小澤がサークル内でスティックを振り抜くと、ボールはゴール上段へ。豪快な一発が決まり、先制点を獲得。その後追加点を狙いたいワセダだったが、終盤は東農大に攻め込まれてしまう展開に。それでもGK南有紗(スポ2=埼玉・飯能)を中心にペナルティーコーナー(PC)のピンチをしのぎ、前半を1-0で折り返す。
 迎えた後半は我慢の展開となった。「マークのずれが生じてしまった」とFB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)が語るように、相手のパスカットからカウンターを許すなど、危ないシーンをつくられてしまう。それでも八木澤を中心にゴールを死守し、同点弾は許さない。すると後半17分、PCのこぼれ球を瀧澤育が落ち着いて決め、2-0とする。さらに30分にも瀧澤育が中央からネットに押し込み、追加点を挙げた。少ない好機をものにして相手を突き放し、見事完封勝利。勝負所での強さを見せつける試合となった。
 「とても大きな自信になったと思う」(安岡裕美子監督、平16卒)。防戦が続く場面も多くあった中で、無失点に抑えたことは大きな収穫だろう。次なる対戦相手は天理大。昨年、王座の初戦で敗北を喫した強豪校だ。「フィジカルもストロークも強い」と八木澤が語るように、苦しいゲーム展開が予想される。守備を固め、いかにカウンターからチャンスをつくることができるかがカギとなるはずだ。「チームワークを生かして勝ちたい」(瀧澤育)。チームの目標として掲げているベスト4へ。あす、早大は正念場を迎える。