男子部 大学王座決定戦 三位決定戦 vs山梨学院大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 大森葵、写真 落合修平)

 4日間に渡り熱い戦いが繰り広げられた全日本大学王座決定戦(王座)も、ついに最終日を迎えた。全国3位を目指し、対戦する相手は山梨学院大。春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)ではSO戦の末、勝利を収めた相手だ。試合は開始早々に先制点を許す苦しい展開となる。何度かチャンスをつくるも決め切ることができず、終わってみれば5失点。準決勝の立命大戦(●0-7)に続き黒星を重ね、4位という結果で大会を終えた。
 「気持ちの部分で負けていました」(FB木村浩一郎主将、スポ4=栃木・今市)。3位決定戦となったこの試合、リベンジに燃える相手の気迫に圧倒された。前半5分にペナルティーコーナー(PC)を決められ、3試合連続で先制点を献上。さらに16分にも相手の個人技に翻弄(ほんろう)され2失点目を喫する。なんとか追いつきたいワセダは、ここで連続してPCのチャンスを獲得。しかしFB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)の放ったシュートはGKのファインセーブにも阻まれ、ゴールを奪うことはできなかった。そのまま2点ビハインドで前半を折り返す。
 後半に入っても1点が遠い時間が続いた。5分、PCからFW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)が強烈なボールを打ち込むも、相手GKの好セーブもあり山梨学院大ゴールをこじ開けることができない。逆に前掛かりになったところをカウンターで攻め込まれ、決定的な場面をつくられる。しかしここはGK瓶井一志(スポ2=大阪星光)が守り切り、難を逃れた。反撃を試みるワセダは、宮崎や鵜飼が前線に縦パスを供給。しかし相手のFB陣が冷静に対応し、得点にはつながらなかった。すると14分、PCを確実に沈められ3点目を奪われる。「流れが悪くなってしまった」と瓶井が振り返るように、準決勝と同じくここから短時間に連続失点。徐々に疲労から足が止まり始め、その後も何度もピンチを迎える。GKのファインプレーもあり追加点こそ許さなかったが、結局1点も奪えず試合終了。スコアは0-5、2試合連続の惨敗だった。
 この結果により王座はベスト4という結果で幕を閉じた。4位までに与えられる全日本学生選手権でのシード権こそ獲得したものの、3試合で1得点13失点。「どれだけ自分たちが甘かったかというのがわかった」と木村が語るように、精神面、技術面、体力面で課題が見つかる大会となった。これで春のシーズンは終了する。全国という舞台で強豪校と対戦したことで、選手一人一人がトップチームとの差を感じたはずだ。「もう1回この夏でチームを立て直して、万全の状態で挑みたい」(木村)。この悔しさを胸に、秋のシーズンでの再起を誓う。