男子部 大学王座決定戦 二回戦 vs福井工業大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 落合修平、写真 大森葵)

 春季関東学生リーグで2位と実力の高さを見せた早大。戦いの舞台は大学ナンバーワンの座を争う、全日本大学王座決定戦へと移る。初戦の相手は福井工大。東北・北信越地方代表の新鋭相手に、先制点を奪われる苦しい展開に。それでも後半にFW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)のシュートで同点へ追いつくと、迎えたシュートアウト(SO戦)で4-2と圧倒。無事、次戦へと駒を進めた。
 「相手が初めて戦う大学だったこともあり、緊張も見られました」。松本剛毅監督(平6卒)のその言葉通り、早大は前半を通して思うようなプレーをすることができない。開始早々、FW関修平(商1=東京・早大学院)が右サイドよりゴールを襲い、ペナルティーコーナー(PC)のチャンスを得る。先制を決める絶好の機会となるが、ここは相手守備陣の堅い守備に阻まれてしまう。その後も攻めの姿勢を崩すことはなかったが、なかなか得点には結びつかない。「基本的なミスが多かった」(FB木村浩一郎主将、スポ4=栃木・今市)。思い描いていた展開に持ち込めず、ただ時間だけが過ぎていく。そして迎えた前半終了直前。相手のPCの場面で守備の合間を縫われるシュートを打たれ、痛恨の1点を与えてしまった。0-1。ビハインドの状態で後半へ突入することとなる。
 敗北が許されないトーナメント戦。それだけに、1点ビハインドという状況が選手たちに重くのしかかる。嫌なムードが漂い始めたチームを救ったのは、絶対的エースの一振りだった。後半開始3分、中央からパスを受けた宮崎はすかさずスティックを一閃。「(パスを)もらったらすぐゴールを見てシュートを打とう、あとは決めるだけだと思っていました」。勢い良く放った打球はゴール上段へと突き刺さる。見事にネットを揺らし、同点に追いつく値千金の1点をもぎ取った。このまま一気に攻め立てたい早大だったが、次の1点に手が届かない。結局1-1のまま試合は動かず、後半終了を告げるホーンが会場に鳴り響く。熱戦の行方はSO戦へと持ち越された。
 5名ずつのシューターによって争われるSO戦。並々ならぬ集中力と状況判断能力が強いられるが、「(SO戦は)練習でも結構しているので、いつも通りやろうという感じでした」(木村主将)と気負わなかった。先攻の早大は宮崎、木村主将、MF宮口和樹(スポ2=滋賀・伊吹)、そしてFB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)が4連続でシュートを決め、圧倒的な勝負強さを見せつける。一方、後攻の福井工大からゴールを守るのがGK戸田翼(社3=滋賀・伊吹)だ。相手の1人目と3人目にこそシュートを許したものの、2人目に対してはファインセーブを見せる。迎えた4人目。既に早大が4点を手にしているため、ここで抑えればその時点で勝利が決まる。この場面で、戸田は体全体を使い相手を翻弄(ほんろう)。見事相手のシュートを阻むことに成功し、ここでゲームセット。勝利の女神はエンジの戦士たちにほほ笑んだ。
 死闘を制し、無事に初戦突破を決めた早大。しかしながら、安堵(あんど)している暇はない。次戦に控えるは名実共に大学トップレベルの実力を持つ関西の雄、立命大だ。この強豪校相手に、はたしてどんな戦いぶりを繰り広げるのか。「食らいついて、ジャイアントキリングを起こせるようにしたい」。そう語る木村主将の目は、既に次なる難敵を見据えていた。