男子部 大学王座決定戦 準決勝 vs立命館大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 加藤耀、写真 中村ちひろ)

 厳しい日差しが照りつける中、阿須運動公園ホッケー場で全日本大学王座決定戦の準決勝が行われた。相手はこの大会で5度の優勝、そしておととしから2連覇中の強豪・立命大だ。試合は終始、相手に主導権を握られるワセダにとっては歯がゆいものとなり、結果は7-0で惨敗。次戦は山梨学院大と3位決定戦で雌雄を決する。
 前半、開始直後から王者・立命大の素早いオフェンスに苦しい展開を強いられた。開始9分、ハーフライン付近でのミスによりボールは立命大へ。そこから細かい連携のとれたパス回しに翻弄(ほんろう)され痛恨の先制点を許してしまう。この1点をきっかけに10分間に合わせて4点を献上し、力の差を見せつけられた。しかしそのあとは前半34分のFB木村浩一郎主将(スポ4=栃木・今市)の身を挺(てい)する必死のディフェンスなどもあり、さらなる追加点は許さない。それに対して攻撃面では、「早い段階で失点してしまったのでそこで相手のペースにのまれてしまった」というFW佐藤良(政経4=東京・早大学院)の言葉通り、ボールを奪いチャンスをつくるも肝心の得点には結びつかなかった。そのまま4点ビハインドの劣勢で前半を終える。
 全員で円陣を組み気合いを入れ直したワセダだったが、開始早々にペナルティーストロークにより5点目を失う。後半に入ってからは疲れの色が見え始め、パスがつながらずにミスを重ねた。守備面では相手の巧みなスティックさばきに「足が止まってしまって最後の一歩が出なかった」とFB渡部大輔(スポ1=島根・横田)が反省するようにプレー全体に粗さが目立ち、後半7分、18分と立て続けに2点取られる展開に。最終的に7−0というワンサイドゲームで決勝進出を逃すかたちとなった。
 選手たちが「格上」と意識するチームとの対戦。結果的にその実力差が如実に現れた試合になってしまったが、実際に同じフィールドでプレーをしたことで相手から学ぶ部分もあったはずだ。「この春の試合はすべて悪かった訳ではないので、しっかり自信を持って前半最後の一戦を良いかたちで締めくくりたい」。松本剛毅監督(平6卒)のその言葉を胸に、あすの山梨学院大との3位決定戦に闘志を燃やす。