男子部 関東学生秋季リーグ vs慶應義塾大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 佐藤諒、写真 中村ちひろ )

 勝負の秋が始まった。春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)では好成績を残したものの、全日本大学王座決定戦(王座)では実力を発揮できずに不本意な結末を迎えた早大。春の無念を晴らすべく、並々ならぬ意気込みで慶大との秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)初戦に臨んだ。前半、数少ない好機をものにし、2得点を挙げる。後半は追加点こそ奪うことができなかったが、堅固な守備で相手の攻撃陣を封殺。2-0で慶大を下し、幸先の良いスタートを切った。
 開始16分、いきなり試合は動く。FW糸賀俊哉(スポ1=島根・横田)が高い位置でボールを奪うと、相手の反則を誘いPC(ペナルティーコーナー)を獲得。ボールを受けたFB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)がゴール上段にシュートを叩きこみ、先制する。その後は互いに攻めあぐね、膠着(こうちゃく)した状態が続くが、迎えた31分。再びPCを得ると、今度はFW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)がネットを揺らす。守っては、「慶大は気持ちでガンガンくるタイプなので、乗せないようにしっかりおさえるということを意識しました」(MF中村拓郎、社4=富山・石動)と、チーム一丸となって慶大を抑え込み、決定機をつくらせない。2-0とゴールをわらせることなく、無失点で前半を折り返した。
 前半とは一転、後半に入るとスコアは停滞。宮崎を中心に攻め立てるが、フィニッシュまで持っていくことができない。PCを獲得しサークル内からシュートを放つも枠を外してしまうなど、オフェンスにおいては肝心なところで精彩を欠いた。しかし守備面ではほころびを見せず、相手に付け入る隙を与えない。試合終了間際に慶大の猛攻を受けるも守り切り、ゲームセット。貴重なチャンスを見逃さずに決めた早大に軍配が上がった。
 開幕戦を無事白星で飾ることができた。しかし、「相手の守りやすいところに自分たちからはまりにいってしまった」(宮崎)と、攻撃面の課題が浮き彫りとなった今回の試合。目標である全日本選手権出場を果たすためには、修正は必須だ。次戦の相手は王座で黒星を喫した山梨学院大。秋季リーグ戦最初のヤマ場であるが、自分たちの欠点を見つめ直し、チームとしての完成度を高めていけば乗り越えられるに違いない。