女子部 関東学生秋季リーグ vs山梨学院大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 佐藤諒 )

 待ち望んだ秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)が開幕。春のリベンジを果たすための戦いが始まった。初戦の相手は全日本大学王座決定戦の優勝校である強豪・山梨学院大だ。試合は立ち上がりに先制点を許す苦しい展開に。0-4で迎えた終了間際、FW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)の強烈なシュートで1点を返し意地を見せたが、ここでタイムアップ。初戦で勝ち点3を奪取することはできなかった。
 開始早々に得点は動いた。前半2分、ペナルティーコーナー(PC)を与えると、相手選手につめられ失点。その後も立て続けにPCのチャンスを献上するも、FB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)やFB藤本晴菜(スポ3=栃木・今市)を中心に粘りの守備を見せ追加点は許さない。GK南有紗(スポ2=埼玉・飯能)も俊敏な反応で何度もピンチを救った。しかし29分、痛恨の2点目を許してしまう。攻撃面でも相手の早いプレッシャーを破ることができず、サークル内へとボールを運ぶことができない。そのまま2点ビハインドで前半を折り返す。
 迎えた後半も主導権を握られる時間が続いた。それでもFW稲田くるみ(スポ2=佐賀・東明館)やMF小澤眞帆(スポ3=埼玉・飯能)、瀧澤育が徐々に攻め上がっていく。後半14分には待望のPCを獲得するも、これは点にはつながらなかった。逆にその直後、PCから3点目を奪われると、30分にもサイドからのパスを合わせられ0-4となる。ここで万事休すかと思われたが、このままでは終われない。試合終了間際にワセダが意地を見せる。「とにかくゴールに向かって打たないと点数は入らないので、一心不乱に振りぬきました」と、小澤からのパスを受けた瀧澤育が豪快なシュートを決め1点を返した。さらなる反撃を試みたものの、ここで終了のホーン。1-4で敗れ、黒星発進となった。
 秋季リーグ戦の初戦を落としてしまったワセダ。しかし「みんなで守れたので良かった」と八木澤主将が語るように、守備面で収穫を得た部分も多い試合となった。次の相手は入れ替え戦を勝ち上がり、1部昇格を果たした東大だ。「フォワードがボールを持って、その中で点数をしっかりとりたい」(瀧澤育)。まだシーズンは始まったばかりだ。まずは上位進出を狙い、チーム一丸となって勝利を目指す。

(写真 早稲田スポーツ新聞会 佐藤諒 成城大学OB三宅様)