男子部 関東学生秋季リーグ vs山梨学院大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 中村ちひろ )

 秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)2戦目は、強豪・山梨学院大との試合に臨んだ。春季関東学生リーグでは勝利をつかんだが、その2か月後に行われた全日本大学王座決定戦で0-5と大敗を喫した相手である。リベンジを果たしたい早大は、序盤からハイペースに試合を展開し、先制点を奪取。その後シーソーゲームが繰り広げられるが、終盤相手に決勝点を許し2―3で敗北する。開幕2連勝を飾ることはできなかった。
 「引くときは引く、攻めるときは攻めることがきょうの目標でした」(FW宮崎俊哉、スポ3=福井・丹生)。その言葉の通り、宮崎を中心に立ち上がりから果敢にゴールに迫る。前半7分、宮崎がここぞとスティックを振り抜き先制点を挙げた。その後もMF岸本昌樹(教3=鳥取・八頭)のパスカットなどにより、相手に決定的チャンスを与えない。しかし個のスキルが優れる山梨学院大が波に乗り出し、試合は徐々に相手ペースに。19分、一瞬手薄くなった守備陣の間を切り抜けられ得点を奪われる。するとその4分後にも2点目を許してしまい、1-2で前半を折り返した。
 後半、最初に動きを見せたのは早大だった。3分、FB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)のロングパスを受け、相手GKをかわした宮崎が強烈なシュートを放ち同点にまで追い上げる。勝ち越し点を狙い、MF中村拓郎(社4=富山・石動)やFW佐藤良(政経4=東京・早大学院)が攻め上がるも得点には結びつかず。このまま同点で終わるかと思われたが、終盤になるにつれ自陣サークル内が混戦となり最大のピンチが訪れる。必死の守りを見せる早大と意地でも追加点を挙げたい山梨学院大。この戦いを制したのは山梨学院大だった。強烈なシュート叩き込まれ、得点を献上してしまう。徐々に残り時間が減っていく中、最後の力を振り絞りゴールに迫る。しかし無情にも試合終了のホーンが響き渡り、2-3でこの試合の幕は閉ざされた。
 勝ち点を取ることはできなかったが、内容から見ると先制点を挙げたり、攻めの姿勢を崩さなかったりと良い面もたくさんあったこの試合。これからの連戦を戦っていくための収穫もたくさん得られただろう。上位リーグに進出するには次の試合で勝ち星を奪取することが必須となってくる。相手は早大が苦手としている東農大。「絶対に勝って、上位リーグでもう一回山梨学院大にリベンジを果たしたい」(FB木村浩一郎主将、スポ4=栃木・今市)。早大は今、正念場を迎えている。
 


(写真 早稲田スポーツ新聞会 大森葵 成城大学OB三宅様)