女子部 関東学生秋季リーグ vs東京大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 鎌田理沙 )

 山梨学院大に敗れた早大は、秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)初白星を目指し東大戦に臨んだ。東大は入れ替え戦で一部に昇格したばかりで勢いのあるチームであったが、ワセダは試合早々先制点を決めるとゲームの主導権を握る。その後も相手に反撃を許さず7-0で完封勝利を挙げた。
 試合は開始1分で早くも動きを見せた。MF梅村雅子(人2=岐阜・可児)がセンターから放ったボールがゴールネットを揺らす。さらに4分にはペナルティーコーナー(PC)からFB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)が、そして12分にはFB藤本晴菜(スポ3=栃木・今市)が立て続けに得点を奪った。しかしその後は、得たチャンスを得点に結びつけることができない。「みんなが点数決めたいという気持ちがあったのですが、逆にみんな決めたすぎて中央に入りすぎて外をうまく使えていなかったです」(FW瀧澤育未、スポ3=滋賀・伊吹)。PCを得てシュートを放つも、数で立ちはだかる東大のDF陣にはじき返されるシーンが目立つ。そのまま相手のゴール前で混戦状態が続き、3-0で前半を折り返した。
 後半、またもや最初に早大が攻撃を仕掛けた。八木澤がPCでゴール右に打った球は外れたが、続けて怒涛(どとう)の攻めを見せ、ついに瀧澤育が相手の隙間に押し込みシュートを決める。そして後半9分、瀧澤育がはじいた球をFW稲田くるみ(スポ2=佐賀・東明館)が着実に決め1点を奪う。また13分には八木澤が強烈な打ち込みで得点を重ね、さらに19分にもMF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)が押し込み7点目を獲得した。その後も早大は追加点をあげるべく、ゴールをどん欲に狙う。しかし何度もPCのチャンスを得るものの、フィニッシュまでもっていくことができない。ここで試合は終了し、結果7-0で勝利を収めた。
 スコアは7-0で早大の圧勝ととらえられる今回の試合であるが、今後向き合うべき課題も多く見つかった。「きょうの早大はチームプレーではなく個人プレーが多く、相手のディフェンスも固まっていたので、攻めきれなかった場面が多かった。」(八木澤)。どんな相手であろうと「ワセダらしさ」を存分に発揮できる強さが、チーム全体で求められているのだろう。次に対戦する慶大は、秋季リーグ戦と共に早慶戦も控えている相手だ。今回の試合で得たことをチームで共有し生かすことで、勝利への道は開けてくるに違いない。

(写真 早稲田スポーツ新聞会 榎本透子 成城大学OB三宅様)