男子部 関東学生秋季リーグ準決勝 vs明治大学

 (早稲田スポーツ新聞会提供 記事 大森葵、写真 杉野利恵、加藤耀 )

 秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)も残り2試合。関東制覇を目指すワセダは順位決定予選に臨んだ。相手はここまで負けなしで、予選Aプールを1位通過してきた明大。春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)決勝で敗戦した(●1-5)因縁のチームだ。試合は先制点を許す苦しい展開となるが、前半終了間際に2点を奪い1点リードで折り返した。後半の早い段階にも追加点を奪うと、優位にゲームを進めていく。終盤は怒涛(どとう)の攻撃を受けるも全員で守り切り、春のリベンジを果たす結果となった。

 序盤から前線でボールを回して積極的に攻撃を仕掛け、FW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)を中心に好機を狙っていく。しかし逆に前がかりになったところで一瞬の隙を突かれ、カウンターから失点。なんとか追いつきたいワセダは23分、宮崎のパスからMF倉田登志矢(スポ2=静岡・伊豆中央)がゴールを狙うも、点には結びつかなかった。32分にはペナルティーコーナー(PC)を獲得。「PCをとったらしっかりと決めようと思っていた」と語るように、宮崎が放った痛烈なシュートはゴール上段へ。課題としていたPCからの待望の得点だった。さらに34分には混戦状態の中、FW佐藤良(政経4=東京・早大学院)からのパスを受けたMF岸本昌樹(教3=鳥取・八頭)が押し込み逆転に成功。2-1で前半を折り返す。

 迎えた後半は、激しい攻防が繰り広げられた。「最後まで足を動かすことが重要という話をしていた」とFB木村浩一郎主将(スポ4=栃木・今市)。ロングボールだけでなく、中盤を使いながらチャンスメイクをしていく。すると後半8分、パスがつながると最後はFW川原悠雅(社4=佐賀・伊万里商)が落ち着いて決め、2点をリードする展開に。その後もMF中村拓郎(社4=富山・石動)やMF宮口和樹(スポ2=滋賀・伊吹)を中心に攻め立てていく。しかし関東2連覇を狙う明大も黙ってはいない。24分に技ありのゴールを奪われ1点差となり、徐々に相手のペースとなる。幾度となく自陣に攻め込まれるも、ここはワセダの集中力が勝った。必死の守備でボールをはじきだし、同点弾は許さない。そのまま逃げ切り3-2で勝利。あすの決勝戦へと駒を進めた。

 選手層も厚く個人のスキルも高い明大相手に、一歩も引かない姿勢を貫いたワセダ。「中盤のカットインは意識してやっていた」と中村が振り返るように、課題としていた中盤を使ったプレーも多く見られた。また守備面ではPCを1本も奪われておらず、サークル内での正確なプレーについても評価できるだろう。あすに迫った決勝は山梨学院大との戦いとなった。今シーズンはここまで3試合を戦い、1勝2敗。秋季リーグ戦の予選リーグでは2-3で敗れており、きょうに続いて雪辱を果たす機会が巡ってきた。春季リーグ戦での悔しい2位から5か月。強豪・山梨学院大を倒し、今季初タイトルを手にするまであと1勝だ。