男子部 関東学生秋季リーグ決勝 vs山梨学院大学

 (早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 大森葵 )

 春に続いて決勝の舞台へと駒を進めたワセダ。相手の山梨学院大には、春季関東学生リーグの準決勝でこそ勝利を収めたものの、全日本大学王座決定戦と秋季リーグ戦の予選では共に敗戦を喫している。試合は前半から相手の高い技術に圧倒され、防戦一方となった。必死の戦いの中でつかんだチャンスをものにすることができず完敗。優勝を逃し悔しい幕切れとなった。

 試合は序盤から山梨学院大の猛攻を受ける苦しい展開。前半5分にはペナルティコーナー(PC)から鮮やかなシュートを決められ、先制点を許してしまった。その後は勢いに乗った相手の素早いロングボールと鋭いストロークに翻弄(ほんろう)される。秋季リーグ戦において個人技で活躍をみせているFW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)は相手守備陣からの厳しいマークに苦しめられた。サークルへとボールを運びチャンスをつくったが決定打に恵まれず、0-2で前半を折り返す。

 後半はワセダの反撃から始まった。開始早々、後半2分にPCを連続で獲得。しかしこの決定機を決め切れず、逃してしまう。「自分1人で攻めても点が取れないので他の選手に任せようと思った」と宮崎が語るように、積極的に前線へと攻める場面が見られた。MF中村拓郎(社4=富山・石動)やFB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)も好機をうかがう。しかし、相手の堅い守備に阻まれなかなか得点に結びつかない。山梨学院大の猛攻は後半も続いた。14分に混戦の中でゴールを奪われ、その後も立て続けに追加点を許してしまう。終了間際には宮崎のアシストからMF宮口和樹(スポ2=滋賀・伊吹)が押し込み1点を返し、強豪相手に一矢報いた。しかし直後にまたもPCからダメ押しの1点を追加され、試合は1-6で終了。春に続いて悔しい2位となり、優勝にはあと一歩届かなかった。

 今試合では強豪・山梨学院大相手に苦戦を強いられたが、リーグ戦で春秋共に決勝へと進出したことは評価できるだろう。またワセダからは敢闘賞に鵜飼、ベストイレブンに宮崎、宮口、中村、鵜飼の4名が選出された。「少ないチャンスを決め切る」(木村)、「ショートコーナーでの失点を防ぐ」(宮口)などこの試合でそれぞれが課題を見つけたようだ。インカレまでに残された時間はわずか。どこまで修正できるかどうかが、目標とする全日本選手権出場への命運を握っている。