男子部 全日本学生ホッケー選手権大会 vs京都大学

 (早稲田スポーツ新聞会提供 記事、写真 大森葵 )

 全日本選手権出場を懸けた戦いがいよいよ始まった。学生日本一を決める全日本学生選手権(インカレ)が開幕。シードにより2回戦からの登場となったワセダは、1回戦を勝ち上がってきた京大との初戦に臨んだ。試合は終始主導権を握る展開となり、7-0で圧勝。得点チャンスが多くあり7得点では物足りなさも多少残ったが、無事あすの準々決勝に駒を進めた。

 開始早々に試合は動いた。前半3分にペナルティコーナー(PC)を獲得すると、FW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)の放ったボールはゴール上段へ。幸先よく先制点を奪った。13分にもMF宮口和樹(スポ2=滋賀・伊吹)のシュートが決まり、試合を優位に進めていく。しかし「慣れないグラウンド状況だった」とFB木村浩一郎主将が振り返るように、砂の混じった芝の影響もあってか、縦へのパスをカットされる場面も目立った。それでも27分には宮崎が追加点を奪い、京大を突き放していく。直後にはFW糸賀俊哉(スポ1=島根・横田)がゴールを狙うも、これはわずかに左にそれてしまった。この後も怒涛(どとう)の攻撃は続く。31分、MF倉田登志矢(スポ2=静岡・伊豆中央)のシュート性のパスをFW渡邊崇仁(法3=東京・早大学院)がうまく合わせ4-0に。危なげないゲーム展開のまま前半を折り返す。

 後半に入ってもワセダのペースは続いた。8分には宮口のアシストからFW関修平(商1=東京・早大学院)が押し込み5点目を獲得。攻撃の手を緩めることなく、相手を攻め立てていく。ボールを奪われ自陣に運ばれる場面も何度かあったが、ここはFB陣が冷静に対処し決定的なシーンはつくらせなかった。追加点が欲しいワセダは26分、PCをFB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)が落ち着いて流し込む。さらに試合終了間際にもPCのチャンスを宮崎が決め、見事ハットトリックを達成。このままゲームセットを迎え、7-0と実力差を見せつける結果となった。

 「7点は取れたが、もっとチャンスはあった」と木村主将が語るように、さらなる大量得点の可能性があっただけに、あす以降は決め切る力が重要になってくるだろう。それでもきょうは多くの選手が得点に絡んでおり、収穫のあった試合ともいえる。いよいよあすはベスト4、そして全日本選手権出場を懸けた戦い。その準々決勝の相手は、想定通り明大となった。先週の秋季関東学生リーグ準決勝では3-2で撃破しているが、それ故に明大は相当なエネルギーを持ってリベンジを果たしにくるはずだ。「しっかりと勝って、悲願の全日本選手権出場を決めたい」(木村主将)。歓喜の瞬間を迎え、勝利の雄叫びを。さあ、決戦の時はもうすぐだ。