女子部 関東学生秋季リーグ 三位決定戦 vs東京農業大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事、写真 大森葵 )

 長きに渡って熱い戦いが繰り広げられてきた秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)も最終戦を迎えた。3位決定戦の相手は東農大だ。ゲームはお互いに一歩も引かない攻防が続く。我慢の展開となるが、後半にFW戸枝百合香(教4=東京・鴎友学園女)が押し込み先制に成功。これが決勝点となり1-0で勝利をつかみ、3位で大会を終えた。

 冷たい雨が降りしきる中で行われたこの試合。「東農大も引退試合ということで気合いが入っていた」とFB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)が語るように、序盤から積極的な攻撃を見せる。それでもFB藤本晴菜(スポ3=栃木・今市)やMF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)、FW井上燦(スポ2=福岡・玄界)を中心にマークを徹底。サークル内にボールを運ばれたものの、ゴールは許さなかった。先制点を決めたい早大だったが東農大の堅い守りに阻まれ、なかなかシュートまで持ち込むことができない。30分にはペナルティコーナーを獲得するも、八木澤主将のシュートは決まらなかった。得点は動かず0-0のまま前半を折り返す。

 後半、いきなりピンチが訪れ連続してPCを奪われる。しかし危なげなく守り切り得点は許さなかった。その後は攻守が何度も入れ替わるタフなゲームが展開される。FW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)も前線へとパスを供給し好機をうかがった。すると残り10分、戸枝がゴール前で押し込み貴重な1点をもぎ取ることに成功。さらなる追加点を狙ったが、ここでタイムアップ。1点を争う緊迫した接戦を制し、見事勝利を手にした。

 この結果により春季関東学生リーグよりも順位を一つ上げ、3位で秋季リーグ戦を締めくくった。「目標を達成することができなかった点はすごく悔しい」(八木澤主将)。駿河台大の牙城を崩せず、決勝に駒を進めることはできなかった。しかし関東全体がレベルアップしているのも事実だ。『打倒・駿河台大』の目標は来季へと持ち越されることになった。今季の試合は早慶定期戦を残すのみ。「また一からチームをつくり直して練習も工夫して、しっかり私たちの個性を出せるような試合にしていきたい」と八木澤主将。4年生の引退試合となる伝統の一戦で有終の美を飾ることができるか。このチームの集大成として試合に臨む。