女子部 関東学生秋季リーグ 準決勝 vs駿河台大学

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 杉野利恵、写真 榎本透子 )

 秋季関東学生リーグも残すところあと2戦。ワセダはここ最近白星を挙げられていない駿河台大との準決勝に挑んだ。前半はなかなかシュートを放つことができず、無得点のまま後半を迎えることに。終盤になるにつれ相手にペナルティコーナー(PC)を決められるなど攻めこまれ、0―3で敗北を喫した。あすは3位をかけ、東農大と一戦を交える。

 立ち上がり、ワセダにピンチが訪れる。開始5分にPC、その3分後にはシュート、その直後にPCと立て続けに相手の猛攻が続いたが、GK南有紗(スポ2=埼玉・飯能)の好セーブや研究しつくしたディフェンス陣により、無失点に抑えた。その後試合の流れはワセダに。サークル内にボールを運び何度も機会をうかがった。しかし駿河台大の堅守によりなかなか最後の一打を放つことができない。すると前半14分、反則からペナルティストロークのチャンスを与えてしまい失点を許してしまった。その後もFW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)がドリブルで攻めるも得点ならず。前半を0-1で折り返した。

 「足が止まってしまった」とFB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)が振り返った後半。流れは駿河台大に傾く。なんとか追いつきたいワセダは、後半2分に瀧澤育のパスに反応したFW稲田くるみ(スポ2=佐賀・東明館)がゴールを狙うも、思うようにタイミングが合わない。その2分後、相手のPCを南が一度はじいたものの押し込まれ、追加点を決められてしまう。FW井上燦(スポ2=福岡・玄界)を中心としたディフェンスは要所でパスカットをし、相手にこれ以上は得点させまいと奮闘。それに応えるかのように後半18分、パスカットから八木澤が前線に持ち込むもこれはゴールにはつながらなかった。終了間際のPCではフェイントからの3点目を入れられゲームセット。目標としていた打倒・駿河台大は叶わなかった。

 堅い守備を見せたワセダであったが、駿河台大もシュートを打たせない鉄壁の守備で応戦したこの試合。何度もPCを取られたのが大きな痛手となった。「PCを取られるのは姿勢が高いということなので改善していきたい」(八木澤)。あすは3位決定戦。春季関東学生リーグでの悔しさを晴らしたいところだ。