女子部 第23回早慶定期戦

 (早稲田スポーツ新聞会提供 記事 杉野利恵、写真 杉田陵也)

 4年生の引退試合となった早慶定期戦。有終の美を飾るべく伝統の一戦に挑んだ。前半、ホームの後押しを受ける慶大が攻め込む場面が多く見られ、終了間際には先制点を許してしまう。なんとか逆転したい早大は、後半にペナルティーコーナー(PC)を決め追いつくと、そこから勢いに乗って得点を積み重ねていき3-1で勝利。チーム全員でつかみ取った早慶戦優勝であった。

 前半は思うようにシュートを打てない苦しい展開が続いた。11分にはMF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)のアシストに反応したFW戸枝百合香(教4=東京・鴎友学園女)が走るも、合わせることができず。さらにその直後にもFW柏戸萌子副将(商4=東京・西)から小澤、戸枝と続くが相手のディフェンスが得点を許してはくれない。そのまま両者ともに点数が入らない均衡した状態が長く続いた。しかし、終了間際に慶大に隙を突かれ0-1で折り返すこととなる。

 「点を取られてしまって焦ってしまった」(戸枝)。前半からの緊張は後半の初めにも続いた。後半開始直後には慶大にシュートを放たれるものの、なんとかFB瀧澤璃菜(スポ1=宮城・沼宮内)がカット。追加点をしのいだ。15分にはPCのチャンスが訪れる。なんとか決めたい早大であったが、ボールはわずかにゴールの枠を外れた。その5分後にも慶大の反則によってPCの機会を獲得。FB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)がチームに待望の初得点をもたらした。「点を取ってからは波が乗れた」(柏戸)。相手にPCを与えてしまう場面も見られたが、GK渡邉彩加(人4=岐阜・可児)がファインセーブを見せる。その後もFB片柳陽加(スポ2=栃木・今市)のアシストを瀧澤璃が振り抜いて逆転に成功。直後にもFW井上燦(スポ2=福岡・玄界)のパスをFW稲田くるみ(スポ2=佐賀・東明館)が押し込み、決勝点となる3点目を決めた。

 今季は春季関東学生リーグで4位という不本意な結果に終わるなど、順風満帆とは言い難いシーズンであった。そのなかでも勝利への強い気持ちは後輩に受け継がれているはずだ。早大でホッケーをできたことへの感謝を多く述べていた4年生たち。チームを支えてきた面々が引退し、新体制が動き出そうとしている。来季こそは目標を達成するために。早慶戦での全員が一丸となってつかみとった劇的な逆転勝利は、次のステージに向けての出発点となる。