男子部 関東学生春季リーグ 駿河台大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 加藤耀、中村ちひろ )

  春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)がことしもついに幕を開けた。新チームで臨む初の公式戦。宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)は「個人ではなくチームとして勝ち上がっていきたい」と意気込んだ。早大は立ち上がりから果敢に攻めるも相手チームとの実力が拮抗(きっこう)し、一進一退の攻防が続く。苦しい状況を打破し、試合を決めたのは宮崎主将のシュート。春季リーグ戦を白星で発進した。

 試合開始から鮮やかなパスワークで相手を翻弄(ほんろう)し、積極的に攻めていく。前半17分にはルーキー、FW大野誠弥(政経1=埼玉・早大学院)がゴール前の混戦を制し、貴重な先制点を挙げた。25分にはペナルティーコーナー(PC)を奪い取られる。失点の危機を救ったのはGK戸田翼副将(社4=滋賀・伊吹)のファインセーブ。早大の守護神として大いに存在感を放つ。その後も勢いに乗って攻撃を続けたが、前半終了間際、相手に一瞬の隙をつかれた。同点となり試合はふりだしに戻る。

 変わって後半、開始早々にPCを奪取するなど、早大は攻撃の手をさらに強めた。15分には再びPCを獲得。宮崎主将の鮮やかなシュートで貴重な追加点を挙げ、チャンスを生かした。だが、またもディフェンスが手薄になった隙に得点を許してしまう。なんとか勝ち点を奪取したい早大は猛攻を続けた。FW宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)は気迫に満ちたプレーで何度も相手ゴールを脅かすが、得点に結びつかない。試合が動いたのは終了間際。宮崎主将が放った強烈なシュートが相手ゴールのネットを揺らし、勝ち越しに成功。「主将としての期待に応えていきたい」と語ったが、早くも期待通りの活躍を見せた。

 「チームには経験が浅い若手が多く、試合で硬くなってしまった」(戸田)、「得点シーンで決めきれなかった」(宮口)。チーム、個人それぞれの課題が見つかった今試合。しかし、新体制での初戦を勝利で飾り、滑り出しは好調だ。次戦は強敵・東農大。宮崎主将は「気持ちで負けないようにしたい」とより気を引き締めた。これからの可能性は無限大。進化を続ける早大のホッケーから、今後も目が離せない。