女子部 関東学生春季リーグ 立教大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 安本捷人、写真 杉野利恵 )

 平成28年度早稲田大学女子ホッケー部の戦いが17日、幕を開けた。降雨強風の中行われた男子部の試合から約30分後、東伏見の天気は一転して快晴。春の陽気さえ感じられる中で立大を迎えた開幕戦は終始早大ペースの中で8得点を上げ、時折のピンチにも落ち着いた守備で敵の追随を許さない。結果、8対0で嬉しい開幕戦勝利を収めた。今年の彼女たちの展望もまた、快晴だ。

 開始早々敵陣へ鋭く攻め込む早大だったが、数分間はタイミングが合わずに好機を逸する場面が続く。しかし前半8分に最初のペナルティコーナー(PC)を獲得すると、早大の今年度1点目はその直後。再度得たPCからFW井上燦(スポ3=福岡・玄海)が放ったシュートが敵ゴールを叩いた。勢いに乗った早大はPCなどを足がかりとして立て続けに好機を演出すると、19分にはMF的場朱音(教1=滋賀・伊吹)の縦へのパスから最後は再び井上。今季前線を任され、「点を取ることにこだわっていきたい」と語る背番号9はその期待に見事応えてみせた。その後も29分にMF小澤眞帆主将(教4=埼玉・飯能)がペナルティーストローク(PS)を落ち着いて決め、前半終了直前にはPCから1年生・DF片倉優季(スポ1=山形・米沢商)がフリックシュートでゴールネットを揺らす。結局前半のみで4得点と早大は幸先よく試合を折り返した。

 後半も早大が試合の主導権を握り続ける。DF藤本晴菜(スポ4=栃木・今市)やFW瀧澤育未(スポ4=滋賀・伊吹)、DF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)を中心に次々と好機を生み出し、後半8分に混戦を抜け出して5点目を奪うと、28分にはPCから瀧澤璃が押し込んだ。30分には小澤主将がサークル内後方からゴールネット左隅を揺らすファインゴールを見せ、7点目。その直後には瀧澤育からもゴールが生まれ、計8得点のゴールラッシュで開幕戦の白星を手にした。

 初戦で見事勢いに乗った早大女子ホッケー部。主力の活躍に加え、新戦力が随所に光るプレーを見せるなど明るい材料が目立った。しかし、選手たちの目指すプレーはまだ高みにある。今後控える厳しい試合へ向けて攻守とも精度を高め、勝ち星を積み重ねていくことができるか。2016年の彼女たちに注目したい。