男子部 関東学生春季リーグ 東京農業大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 杉野利恵、写真 榎本透子 )

 暴風雨が吹き荒れるなか行われた東農大戦。全日本大学王座決定戦(王座)出場のためにも勝ちたい一戦であった。しかし早大は前半に2失点と思うようなスタートを切ることができない。後半に宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)が1点を返すものの最後まで試合の主導権を奪い返せず、1-4と敗北を喫した。

 前半、早大は東農大に多くのペナルティコーナー(PC)のチャンスを与えてしまう。開始3分にはPCにより二度ゴールを攻められる。なんとか阻んだものの、勢いそのままに東農大ペースに。その2分後には先制点を許してしまう。宮崎らを中心に一気にゴール近くまでボールを運ぶ場面も見られたが、シュートすら打つことができない。一方、前半15分にはボールに素早く反応した戸田翼副将(社4=滋賀・伊吹)が好セーブを見せる。しかしゴールを守る戸田を援護することはできず、0-2で前半を折り返した。

 天気も回復してきた後半。何とか取り返したい早大であったが、東農大の勢いを止めることはできない。後半10分に糸賀俊哉(スポ2=島根・横田)が得意のドリブルでサークル内まで運び、PCの機会を得る。糸賀の打ったボールはゴールネットを揺らしたように見えたが、審判はノーカウントのサインを出す。思うように試合ができず、苦しい展開が続く早大。終盤にPCから宮崎が1点を返すも、チームに笑顔は生まれない。東農大に追加点を決められ、1-4で試合を終えた。

 「もう勝つしかない」(宮崎)。ディフェンス面でのミスなども響き、大量失点となってしまった今試合。決勝トーナメント出場、王座出場権獲得のためにもここからの一戦、すべて落とすことはできない。次の明大戦では大量得点が必要不可欠だ。若き戦力の成長に期待したい。