女子部 関東学生春季リーグ 学習院大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 森原美紘 )

 前回の立大戦で圧倒的勝利を飾った早大女子ホッケー。勢いそのままに、再び大量得点の目標をかかげ学習院大戦に挑んだ。試合は序盤から点を得るも、相手のプレスに苦しめられる。しかし、事前に行った相手チームの研究が功を奏し、後半にはゴールを量産。目標通り、大差をつけて勝利した。

 試合は前半5分にルーキー片倉優季(スポ1=山形・米沢商)が先制点を挙げ、幸先の良いスタートに見えた。しかし、その後はチャンスを逃し、追加点を奪えない。井上燦(スポ3=福岡・玄海)は「立ち上がりの流れが少し悪かった」と語った。その間、失点の危機を迎えるが、MF梅村雅子(人3=岐阜・可児)の絶妙なパスカットで切り抜ける。得点を決め切れない、苦しい状況が変わったのは23分。井上の軽快なシュートで2点目を獲得する。井上はこのゴールを自身の中で印象的だ、と評した。29分にはFW小澤眞帆主将(スポ4=埼玉・飯能)、31分には稲田くるみ(スポ3=佐賀・東明館)がゴール。前半を4得点で折り返した。

 「このチームは後半から調子が上がる」(小澤)の言葉通り、早大のスティックから放たれるボールがゴールネットを次々に揺らす。2分に小澤主将が強烈なシュートで5点目を奪うと、怒涛のゴールラッシュが始まった。5分にはFW瀧澤育未(スポ4=滋賀・伊吹)が厳しい体勢から、その1分後には井上が追加点をそれぞれ獲得する。8分には再び井上のゴール。開始から10分以内に4得点を挙げた。流れに乗り、グラウンドで躍動し続ける早大。17分にはMF的場朱音(教1=滋賀・伊吹)、22分にはDF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)がペナルティコーナー(PC)からが追加点を奪取する。27分に瀧澤育から受けたパスを井上がシュート。華麗な連携プレーでチームに2桁得点をもたらした。

 流れをつかみ、終始主導権を握り続けた今試合。「1年生が展開の速いプレーをしてくれて、刺激になっている」と、村山副将は語る。11点を奪取し大勝を果たしたが、攻撃、守備両方の面で課題も見られた。次戦の相手は駿河台大。ここ数年で勝ち星を挙げられていない強敵だ。克服すべき弱点と同時に収穫も得た。予選リーグを首位で突破するために、勝利だけを狙っていく。