男子部 関東学生春季リーグ 明治大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 篠原希沙 )

 春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)の成績はここまで1勝1敗。現在Bプール3位である早大が順位決定予選で上位リーグに上がるためには得失点差も考慮に入れ、3対0で勝たなければならない。さらに全日本大学王座決定戦(王座)への出場権を獲得するために、絶対に負けられない戦いとなった。相手は格上の明大。試合は一進一退の攻防が続く中、終了間際にFW宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)のシュートで先制点を獲得する。しかし後半に入り立て続けに3失点。悔しい敗戦を喫した。

 試合は開始から激しい攻防が繰り広げられた。前半3分には相手にペナルティコーナー(PC)を許すが、GK戸田翼副将(社4=滋賀・伊吹)がスーパーセーブで失点を回避。鮮やかなプレーが光った。早大も負けじと積極的に攻撃。MF宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)はドリブルからサークル内にボールを押し込み、相手ゴールを脅かす。しかしなかなかチャンスを決めきれず、前半はこのまま折り返すと思われた。試合終了が近づく32分、PCを奪取すると宮崎主将が華麗に決め、先制点を獲得。1対0でリードし前半を終えた。

 後半に入っても両チームの勢いは衰えない。開始直後、相手にPCをとられたが、守護神戸田副将の活躍によりピンチを回避した。しかし後半4分、一瞬の隙を突かれ失点。試合は振り出しに戻った。何とかして勝ち越しの点が欲しい早大だが、攻撃が実らない苦しい展開となる。さらに11分にはゴール前の混戦から点を決められ、逆転を許した。立て続けに2得点を挙げた明大の勢いは止まらず、17分にはだめ押しの1点を追加。2点差の苦境に立たされる。DF糸賀俊哉(スポ2=島根・横田)やDF中嶋鍊(スポ1=島根・横田)も積極的に攻撃に参加し、相手ネットを揺らそうと試みるも得点にはつながらず、1対3で試合終了。白星を挙げることはできなかった。

 予選リーグを3位で終えた早大。敗戦こそしたものの、格上の明大から先制点をとり、脅威を与えることができた。王座出場への条件は5位以内に入ることであり、そのため順位決定戦で黒星は1つも許されない。それぞれの課題、チームとしての課題を今後に向けて修正し、挑む先は負けられない戦い。さらなる成長に期待がかかる。