女子部 関東学生春季リーグ 駿河台大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 大森葵、写真 中村ちひろ )

 ここまで予選リーグで2勝を挙げている早大は、同じく2勝で並ぶ宿敵・駿河台大との戦いに臨んだ。試合は開始早々に先制を許す苦しい展開に。しかし、前半のうちに同点に追いつき試合を振り出しに戻す。後半は相手の素早い攻撃を受けるが、必死の守備で応戦してゴールを死守。少ないチャンスを決め切ることができず引き分けとなったが、ここ数年敗北を喫していた相手に対して健闘した。

 開始早々に試合は動いた。早大が課題としている立ち上がりに失点。その後も素早いパスで前線へと攻め込まれ、苦戦を強いられる。それでもDF片倉優季(スポ1=山形・米沢商)を中心に集中した守備を見せ、ゴールは割らせない。すると25分、パスを受けたDF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)が中央から狙いをすましてシュート。これが決まり、試合を振り出しに戻す。その後は立て続けにペナルティーコーナー(PC)を奪われたが、DF陣の固いブロックによりピンチを切り抜け、1-1で前半を折り返す。

 迎えた後半は一進一退の攻防が続いた。GK南有紗(スポ3=埼玉・飯能)がファインセーブを見せると、DF村山侑季副将(スポ4=栃木・今市)もゴール前でパスカット。相手のキーマンをマークするという考えを全員で共有し、守りを固めた。一方で攻撃ではFW井上燦(スポ3=福岡・玄界)やDF藤本晴菜(スポ4=栃木・今市)が前線へと駆け上がって好機を演出。攻守がめまぐるしく入れ替わる中で、早大はハードワークを続けた。すると終了間際、ゴール前で絶好のチャンスを迎える。しかし混戦の中で決め切ることはできず、惜しくも同点で試合を終えた。

 「しっかりと戦えるということがわかったゲームでした」とMF小澤眞帆主将(教4=埼玉・飯能)が語るように、駿河台大との差は確実に縮まってきている。一対一の場面でも決して負けておらず、勝機があっただけに少ないチャンスを決め切ることができなかった点が悔やまれる試合となった。この結果、早大の予選リーグの成績は2勝1引き分け。得失点差でBプール2位となり、次はAプール1位通過の山梨学院大との戦いに挑む。「きょうのゲームでできたところは引き続きやって、課題は次の試合で克服して絶対に勝ちたい」(南)。絶対女王相手にどこまで食らいつけるか。成長したチームの姿を次週も見せてほしい。