女子部 関東学生春季リーグ 山梨学院大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 安本捷人、写真 榎本透子 )

 関東学生春季リーグBプールを2位で終えた早大は順位決定予選の初戦を迎え、Aプール1位の関東王者・山梨学院大に挑んだ。打倒女王に燃える早大。しかし試合は序盤から山梨学院大が主導権を握り続け、必死に跳ね返そうとする早大守備陣の奮闘むなしく4失点。統率のとれた敵陣を引き裂くことも叶わず、4-0で敗北した。その壁はなお、早大の前に立ちはだかる。

 試合開始のブザーが響くと、山梨学院大は即座に早大の本陣へと侵攻した。ドリブルでの突破、裏へ抜けるパスなど多彩な攻撃で早大ゴールを脅かす。その鋭い圧力に対して早大はGK南有紗(スポ3=埼玉・飯能)を中心とした全員守備で対抗した。「立ち上がり5分を守り切ることが目標。」そう語った南の好セーブやDF藤本晴菜(スポ4=栃木・今市)らの好守備もあり、すんでのところで得点を許さず前半分5を守り切る。ここで守備からペースをつかんでいきたい早大。しかし、山梨学院大の女王たるゆえんはその攻撃力だけではなかった。早大がボールを保持すると、ゴールへ向かっていたその圧力はすぐにボールへと方向を変え、襲い掛かる。素早いプレスとパスカットで早大は次々と攻撃の芽を摘まれた。そして前半10分、この試合3度目のペナルティコーナー(PC)を与えると、敵のシュートはゴール右隅一点を貫く先制点となる。さらに前半13分には左サイドの突破を許し、流れるような連携に翻弄(ほんろう)されるまま2点目を失った。その後も早大は見せ場を作ることができないまま防戦一方の展開。何とか追加点だけは許さず、2-0で試合を折り返した。

 後半、勝利へ向けて点を取り返したい早大だが、山梨学院大は攻撃の手を緩めない。後半6分、6度目のPC。南のセーブで一時は窮地を脱したかと思われたが、こぼれ球を押し込まれ3点目を失った。ここから早大もDF片倉優季(スポ1=山形・米沢商)のパスなどを起点として何度か好機を演出。必死に敵陣へと迫るが、それでもやはり敵の包囲網は崩せない。さらに時計が進むにつれ、焦る気持ちがミスを呼んだ。後半25分には11度目のPCから4点目を奪われ、そのまま試合終了。終始センターライン手前でのプレーを強いられ、敵サークル内へ侵入したのは一度のみ。完敗だった。

 絶対的女王を前に今季初黒星を喫した早大。現時点での力量の差が浮き彫りになる結果となった。しかし、決して後ろ向きの敗戦ではない。課題が現れ、すべきことが見つかった。この敗戦が彼女らにとって必ず大きな糧となる。来週に控えるのは東農大との順位決定戦。再び来るリベンジの舞台へ向けて、勝利という歩みでその階段をひとつずつ上っていく。