男子部 関東学生春季リーグ 東京大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 大森葵 )

 春季関東学生リーグ(春季リーグ)順位決定予選に登場した早大。全日本大学王座決定戦(王座)出場するためには1敗も許されない。対戦相手の東大は観客席に応援部が駆けつけ、選手を勢いづけた。試合は開始直後に先制点を得た東大の後を追う、予期せぬ形勢から始まる。絶対に負けられない早大は必死の攻撃で挽回。上級生、ルーキーそれぞれの躍動が実り、4-2で試合を終えた。

 絶対に勝つ、そう意気込んで試合に臨んだ。しかし、立ち上がりから波に乗ったのは東大。1人に対して複数人で守備を固める相手のプレーに阻まれ、思うような攻撃ができない。勢いに押され、続く苦しい時間。チーム全体が焦りを抱える中迎えた前半5分、サークル内での激しい混戦からまさかの先制点を許す。予想外の展開からどうにか点を取り返したい早大は10分、11分と立て続けにペナルティコーナー(PC)を獲得。FW宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)やMF宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)が果敢に相手ゴールを攻めるが決めきれない。チャンスをモノにできない厳しい状況を打破したのはFW渡邊崇仁(法4=東京・早大学院)。MF倉田登志矢(スポ3=静岡・伊豆中央)から受けたパスを押し込み、試合を振り出しに戻した。徐々に勢いをつけた早大は24分に混戦から2点目を奪取。その後迎えたピンチをDF是澤勇志(文3=東京・早大学院)、DF齊藤湧大(スポ1=栃木・今市)が守り切り、2-1で前半を終える。

 迎えた後半、東大の勢いはなおも続いたが、早大も次第に攻撃の流れを引き寄せつつあった。宮崎主将を中心にサークル内へ侵攻し、相手ゴールを脅かす。7分にはピンチを迎えたが、早大の守護神GK戸田翼(社4=滋賀・伊吹)のファインセーブで切り抜けた。9分にはPCを奪い得点のチャンス。惜しくも相手選手に阻まれたが、直後の11分には宮口の強烈なシュートで点差を広げた。このまま点を連取したいところだったが、22分に隙をつかれ失点。だが23分には渡邊のアシストからルーキーFW今村光成(商1=東京・早大学院)が流れるようなシュートで再び相手を突き放す。勢いを押し返す必死の猛攻が実り、2点差の4-2で辛勝した。

 「大量得点を見据えていた。」(渡邊)、と語るように、勝利を収めたものの納得のいかない内容となった今試合。次は開幕戦で激闘を繰り広げた駿河台大と再び対戦する。王座出場権の獲得まであと1勝。今試合までに手にした課題をこの1週間で修正し、さらなる成長が期待される。夏の関西で戦うために――春季リーグ最終戦にして最大の戦いに挑む。