男子部 関東学生春季リーグ 5-6位決定戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 大森葵 )

 もう後がない――。5位以内に与えられる全日本大学王座決定戦(王座)の出場権。早大は最後の1枠をかけて駿河台大学との5位決定戦に臨んだ。開幕戦と同カードとなった今試合。両チームの意地がぶつかり合う中、相手の機先を制したのは早大だった。駿河台大も勝利への執念で得点を重ねるが、今一歩及ばず、勝ち星を手にしたのは早大。6月末に関西で行われる王座への出場を決めた。

 勝敗で明暗がはっきりと分かれる今試合。試合開始から両チームとも気迫あふれる激しい戦いを繰り広げた。先制点を獲得し勢いに乗りたい早大はチャンスを膠着(こうちゃく)した状況を打破したのは早大だった。22分、ペナルティコーナー(PC)後の混戦をFW宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)が制す。その後も攻撃の手を緩めず、追加点を奪取するように思われた。しかし31分、相手にPCを許すと、ボールはディフェンスの間をすり抜ける。振り出しに戻った試合。「1-1で折り返したら後半にやられてしまう」と、チームの流れを取り戻したのはFW関修平(商2=東京・早大学院)だった。終了間際の34分、関の放ったボールがゴールネットを揺らし、勝ち越しに成功。2-1で前半を折り返す。

 変わって後半、早大の猛攻が始まる。開始早々にPCから3点目を獲得すると、さらにその5分後にはMF岸本昌樹(教4=鳥取・八頭)がゴール前の混戦を押し込み、4点目を奪取。相手のPCで失点の危機も見られたが、GK戸田翼(社4=滋賀・伊吹)やDF齊藤湧大(スポ1=栃木・今市)の活躍でしのぐ。点差を着実に広げ、失点を防ぎ、相手を圧倒した。しかし、駿河台大も負けじと怒涛の攻撃を見せる。18分と21分に、守備の隙を突かれ立て続けに失点。1点差まで詰め寄られる。一撃で同点に戻る危険な状態から再び相手を突き放したのは齊藤だった。松本剛毅監督(平6卒)が成長を認めるルーキーが27分にダメ押しの1点を奪う。早大は点差を守り切り、試合終了。後がない重要な試合で白星を挙げ、王座への出場を決めた。

 今試合を松本監督は「春季リーグの中で1番いい試合だった」と評価。勝利に対する気持ちの強さが顕著に表れた試合だった。来る王座では各地の予選を勝ち抜いた強豪チームと一戦を交える。「目標はベスト4」と口をそろえる選手たち。初戦の相手は去年、シュートアウトの末、辛勝を果たした福井工大だ。目標達成のため、勝利の喜びを再び味わうため、早大男子ホッケーは成長を続ける。