男子部 大学王座(1回戦)

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 杉野利恵 )

 盆地特有の蒸し暑さに包まれた親里ホッケー場で、全日本大学王座決定戦(王座)が開催された。早大は関東第5代表として1回戦に登場。ベスト4を目標とし、気合十分で臨んだ。相手は去年の同大会で辛勝した福井工大。試合は前半、早大のペースで圧倒し、有利に進めた。しかし前半終了間際から、状況は一変する。得点を挙げるごとに勢いを増す福井工大に翻弄(ほんろう)され、得点が遠のいた。展開を変える一撃が出ないまま失点を重ね、2-6で敗戦。ベスト4には遠く及ばない、悔しい敗戦を喫した。

 立ち上がりは絶好調。FW宮崎俊哉(スポ4=福井・丹生)が持ち味の華麗なドリブルで早くも相手ゴールを脅かす。開始3分でペナルティコーナー(PC)を獲得すると、DF中嶋鍊(スポ1=島根・横田)のシュートが相手ネットを揺らし、先制点を獲得。失点に焦る福井工大の反撃をDF糸賀俊哉(スポ3=島根・横田)がしのぐ。10分には再びPCを奪取。MF岸本昌樹(教4=鳥取・八頭)のパスにDF是澤勇志(文3=東京・早大学院)が合わせ、鋭いシュートから2点目を追加する。開始からわずかな時間で2得点を挙げ、幸先のいいスタートを切った。とはいえ相手は北信越代表。持ち味であるサイドからの厳しい攻撃を受け何度もピンチを迎えるが、GK戸田翼(社4=島根・横田)が好セーブを連発し守り切った。相手PCも切り抜け、このまま2点リードで前半を終える。誰もがそう思った。しかし、現実は厳しいものだった。終了間際に隙を突かれ、33分、34分と立て続けに失点。まさかの同点で試合を折り返した。

 変わって後半、形成が逆転する。開始直後から何度もピンチに見舞われる早大。DF陣の活躍でどうにかしのいでいたが、7分にわずかな隙を狙われ失点。小さなミスがチームの崩壊を招いた。直後の11分にはPCから点を失う。前半からの疲労で動きが鈍る中、思うようにパスが通らなくなった。さらに怒涛の攻撃を浴び、辛うじてしのぐ苦しい展開。猛攻の合間にFW関修平(商2=東京・早大学院)やFW大野誠弥(政経1=東京・早大学院)が必死でチャンスをつかみ、反撃ののろしを上げようと奔走するも決めきれない。ボールを奪えないまま迎えた30分、さらには33分に立て続けに点を奪われた。最後まで攻撃の糸口は見つけられず、2-6で試合終了。悔しすぎる初戦敗退となった。

 少数精鋭で戦う――選手の交代が自由なホッケーという競技で、早大が掲げるプレースタイルは、一般的なプレースタイルとは一線を画している。特に顕著になるのが体力の消耗。今試合は特にその課題が浮き彫りとなった。早大ホッケー部がきたる秋季関東学生リーグ(秋リーグ)で勝利を収めるために必要なことについて、「1人1人の体力の向上」「それぞれの武器を増やす」と口をそろえる。猛暑が予想される今夏、厳しいトレーニングを乗り越えたエンジの戦士。秋季リーグはさらなる強さで他を圧倒することだろう。