女子部 大学王座(1回戦)

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 杉野利恵、写真 榎本透子 )

 春季関東学生リーグで4位という成績を残し、関東第4代表として全日本大学王座決定戦に臨んだ早大。ベスト4進出も目標に掲げ挑んだ。初戦の相手は聖泉大。前半を0-0と折り返すが、後半開始6分に隙を突かれ相手チームが得点。これが決勝点となり、無念の初戦敗退となった。

 前半ではディフェンス陣の活躍が目立った。試合開始と共に、ゴールが狙われる場面も多く目立ったが、ゴール前でのパスカットなどディフェンス陣が奮起。一方、攻撃面ではゴール前で思うようにパスが合わず、チャンスを逃してしまう。DF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)らがボールを運び、FW井上燦(スポ3=福岡・玄海)、MF的場朱音(教1=滋賀・伊吹)らがゴール前で攻めるものの相手の守りに阻まれ、無得点であった。

 後半開始5分に早大にペナルティコーナー(PC)が与えられ、得点の絶好の機会が訪れる。的場がボールを押し込もうおするにも、ゴールには入らず。一瞬の隙を突かれ、相手チームの選手は誰もマークがつかれない状態でゴールへ。そのままスイートを決められてしまう。なんとか追いつきたい早大は後半17分にMF小澤眞帆主将(教4=埼玉・飯能)のパスに井上が反応したが、惜しくもキーパーに阻まれてしまった。24分に再度PCのチャンスが与えられるが、キーパーに弾かれる。「チャンスを決め切れなかった」(小澤)。1失点に泣く結果となった。

 相手チームのパスカットをされる場面も見られ、思うようにシュートへとつなげられなかった早大。またゴールへの決定力に欠けるなど夏に向けての課題が多く見られる試合でもあった。「パスや、攻めのパターンを増やしていきたい」(安岡裕美子監督、平16卒)。夏の鍛錬期間を経て強くなった彼女たちの、秋季関東学生リーグに期待したい。