女子部 関東学生秋季リーグ 慶應大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 成瀬允、写真 杉野利恵 )

 秋季関東学生リーグ(秋季リーグ)2戦目、慶大との戦いに臨んだ。試合の序盤から一進一退の攻防が続いたが、少ないチャンスをものにし3点先制し前半を折り返す。後半は早大ペースではあったものの、慶大のディフェンスを崩しきれず1点にとどまった。しかし、慶大に1点も許すことなく開幕戦に引き続き完封勝利を収めた。

 

 試合開始早々から激しいボールの奪い合いで、両者とも一歩も譲らない状況が続いたが、前半14分に混戦から得点力不足を課題としていたMF的場朱音(教1=滋賀・伊吹)の強烈なシュートにより先制点を獲得。その後、慶大に自陣深くまで攻め込まれ再三ピンチを迎えるが、闘志あふれるプレーで好守を連発し、このピンチをしのいだ。これで流れを引き寄せた早大は29分にペナルティーコーナー(PC)のチャンスからDF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)が鋭いシュートを決める。さらにその直後、PCからDF片倉優季(スポ1=山形・米沢商業)が立て続けに得点を決め、相手を突き放し3点リードで前半を終えた。

 後半に入ると前半とは一変し早大優勢で試合が進む。しかし、早大は多くのチャンスを作るも、守備の堅い慶大の体を張った粘り強いディフェンスに阻まれ追加点を奪うことができない。さらには、瀧澤璃がコーナーを狙った力強いシュートがゴールポストにはじかれる不運も重なった。それでも後半32分、PCから瀧澤璃がシュートしたこぼれ球をFW井上燦(スポ3=福岡・玄海)が意地で押し込み1点をもぎ取る。試合を通してディフェンス陣が躍動し、結果は無失点。敵地の慣れないグラウンドで白星を手にした。

 思うように点に結びつかず快勝とはいかなかった今試合。シュートの精度やリバウンドの対応など多くの課題が見つかった。次戦の強敵・山梨学院大を倒すためにも早急に改善しなければならない。「攻撃のパターンと守備の形を確認して自分たちのホッケーができるように頑張っていきたい」とMF小澤眞帆主将(教4=埼玉・飯能)は語った。春季リーグのリベンジに燃える早大。絶対王者相手に早大らしいプレーでどこまで食らいつくことができるか、真価が問われる一戦となる。