女子部 関東学生秋季リーグ 立教大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 元田蒼、写真 成瀬允 )

 早大女子ホッケー部の秋の戦いが4日、幕を開けた。ホームグラウンドの東伏見に立大を迎えた開幕戦。早大は終始攻撃の手を緩めず、前半4点、後半8点の計12得点で圧勝。チームで取り組んできたという右からの攻撃も見られ、幸先の良いスタートになった。

 試合開始直後から積極的な動きを見せた早大は、相手陣地でのプレーを続ける。前半7分、MF小澤眞帆主将(教4=埼玉・飯能)のパスから、ゴール前で高く上がったボールにFW井上燦(スポ3=福岡・玄海)がスティックを振り上げて合わせ、先制ゴール。14分には、ゴール前の密集の中でFW瀧澤育未(スポ4=滋賀・伊吹)が倒れこむようにゴールに押し込み、2点目を奪う。その後も、24分には再び井上が得点。27分には瀧澤育が、相手守備をするりとかわしながら自らサークル内に持ち込み、鮮やかなシュートを見せて4点目を奪った。ここで前半が終了。前半を通して、終始攻めの姿勢を見せてはいたが、5度のペナルティーコーナー(PC)のチャンスに得点が奪えなかったことなど、決定機を逃す場面も見られた。4点を奪ったとはいえ、試合後に各選手が前半に弱いという課題を挙げたのは、いま一つ決めきれなかったという印象が残ったからであろう。

 しかし、後半に入ると、早大は勢いを増し、好機で確実に得点できるようになる。後半11分、井上と瀧澤育が立て続けにゴールを決めると、16分にはDF藤本晴菜(スポ4=栃木・今市)の右からのクロスボールをMF梅村雅子(人3=岐阜・可児)が押し込みゴール。重点的に練習してきたという右からの攻めが成功した。その直後、再び梅村がゴールを決め、瀧澤育とDF片倉優季(スポ1=山形・米沢商)にも得点が生まれてついに二桁10得点。さらに、ここから前半では決めきれなかったPCでの得点に成功する。30分には、PCのチャンスで瀧澤育がこぼれ球を押し込み、終了間際のPCでもDF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)が鋭いシュートでゴールを叩き、試合を締めた。結果は12-0の完勝。早大は、相手陣地でのプレーを続け、立大に最後まで得点を許さなかった。

 春季リーグでは4位に終わり、涙を呑んだ早大。秋季リーグ初戦は、積極的な攻撃の姿勢を見せて立大を圧倒、最高のスタートになった。強豪・山梨学院大と同じブロックに入ったが、小澤主将は「山梨学院大を倒して優勝する」と意気込む。次は早稲田を強く意識する慶大との一戦。早大女子ホッケー部の挑戦は続く。