男子部 関東学生秋季リーグ 東京農業大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 大森葵、写真 成瀬允、元田蒼 )

 秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)がついに開幕。春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)、全日本大学王座決定戦と悔しい結果に終わった早大の目標は『秋季リーグ戦ベスト4』だ。大事な初戦の相手は春季リーグ戦で敗北を喫した東農大。試合は前半にペナルティーコーナー(PC)から2点を奪われてしまう。後半も得点を取りにくる相手を止められず、着実に差を広げられてしまった。スコアは2-5。開幕戦は黒星スタートとなった。

 初戦ということもあり、序盤は早大の硬さが目立った。相手に立て続けにPCを与えると、この日スタメンとしてゴールを守るGK山本健悟(社1=滋賀・伊吹)を中心に必死の守備を見せたが先制点を許してしまう。その直後にもPCから得点を奪われ、2点を追う苦しい展開。その後も東農大ペースとなったが、DF斉藤湧大(スポ1=栃木・今市)のパスカットなど、要所でピンチを防ぎ追加点は許さない。なんとか反撃したい早大は、終了間際にMF宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)からのパスを受けたMF岸本昌樹(教4=鳥取・八頭)がシュートを放つ。しかしこれは相手GKの好セーブに阻まれ、0-2で前半を折り返す。

 後半6分、相手GKをうまくかわした宮口が落ち着いてゴールに流し込み、1点を返すことに成功。「1点目を取ってから動きが良くなった」と山本が語るように、この得点をきっかけに攻撃のスイッチが入った。14分、ロングパスを受けたFW関修平(商2=東京・早大学院)が粘ってサークル内に侵入すると、相手の反則を誘いPCを獲得。この好機を確実に決めたいところだったが、FW宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)のシュートは惜しくも阻まれてしまう。大きなチャンスを決め切ることができず、徐々に流れが東農大へと傾いた。すると立て続けに失点し、1-5まで点差を広げられてしまう。34分にFW大野誠弥(政経1=東京・早大学院)が押し込み1点を返したが、反撃もここまで。初戦を白星で飾ることはできなかった。

 「ディフェンス面で課題がたくさん残ってしまった」と宮崎主将が語るように、点差が開くゲームとなってしまった。PCから3失点しており、サークル内での守備も課題の一つと言える。しかし、多くの1年生がプレーするなど、新戦力も台頭してきていることは収穫だ。また、夏に焦点を当ててトレーニングをしていた体力面についても、走り負けない力が確実についてきている。次の相手は春季リーグ戦で山梨学院大を破って優勝を果たした法大だ。次戦も厳しい戦いが予想されるが、上位リーグ進出のためには負けられない一戦となる。「結果にこだわってしっかり勝ちにいきたい」(宮崎主将)。次戦、秋季リーグ戦において最大のヤマ場に挑む。