女子部 関東学生秋季リーグ 山梨学院大学戦

 (早稲田スポーツ新聞会提供 記事 安本捷人、写真 中村ちひろ、難波亮誠 )

 

 東伏見で行われたこの日の試合は秋季関東学生リーグの予選リーグ最終戦。既に上位トーナメント進出を決めている早大は、1位通過を賭けて女帝・山梨学院大と対峙した。序盤から果敢に攻め込む早大はチャンスこそつくるも得点をあげることはできず、逆に敵にペースを握られると次々に失点。結果は7-0の大敗となった。しかし、その内容は憂うものばかりではない。

  春季リーグ順位決定戦での敗戦から約4ヶ月、早大は再び山梨学院大と相対した。リーグ戦44連覇中の山梨学院大は開始早々その力をいかんなく見せつける。鋭く緩急に富んだドリブルで早大を翻弄(ほんろう)。早大も体を張った守備で応戦するが、前半2分に奪われた最初のペナルティコーナー(PC)からこぼれ球を押し込まれ、先制を許した。しかしこの試合はやられてばかりではない。負けじと早大も見せ場をつくる。FW瀧澤育未(スポ4=滋賀・伊吹)のドリブル突破を中心に敵陣へ迫り、なんとか1点をもぎ取ろうと奮闘した。だが、山梨学院大の前に一歩及ばず得点には至らない。さらに前がかりになったところをカウンターで崩され、サークル内への侵入を許した。それでもPCを獲得されながらGK南有紗(スポ3=埼玉・飯能)やDF片倉優季(スポ1=山形・米沢商)を中心に決死のプレーで守りきる。そしてそこから再び早大の攻撃が始まるが、鋭いプレスが襲いかかり思うようなドリブルやストロークは許してもらえない。サイドラインを超えそうになれば早大は必死に手を伸ばし、敵にカットされるとがむしゃらに足を動かし追いすがる。押し潰されるような圧の中で懸命にボールを保持しようとした。

 だが、無敗の女王はそれを圧倒した。前半20分にPCから2点目を奪われると、ここからは完全に山梨学院大のペース。前半からハードな試合を強いられた早大の動きにはすでに陰りが見えていた。スピードで勝る山梨学院大の突破を止めることは難しく、3点目、4点目と加点を許す。後半に入っても勢いは衰えず、着実に点差は開いていった。早大も瀧澤育や片倉、FW井上燦(スポ3=福岡・玄海)、DF瀧澤璃菜(スポ3=岩手・沼宮内)を中心に何度か好機を演出するも得点には結びつかず。大敗を喫した。

 春の対戦では3−0、そして今回は7−0とスコアだけ見れば差が広がったように見える。しかしその実、春にはほとんどつくれなかった好機をこの試合では何度も見せてくれた。点が取れるという期待感が、まるで違った。王者にも通用する攻撃力を手に入れつつある早大。最後にゴールをこじ開ける力、そしてなんとか敵の攻撃を抑える守備力。残り少ない時間の中で、どこまで山梨学院大に迫れるか。リベンジの舞台は、順位決定戦だ。