男子部 関東学生秋季リーグ 一橋大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 難波亮誠、写真 大森葵 )

 秋季関東学生リーグ2連敗中の早大はどうにか勝利を収め、順位決定予選に進みたいところ。きょうのリーグ戦第3戦は一橋大をホームに迎えた。格下相手なだけに快勝して勢いを付けたい。しかし試合は接戦となった。ルーキーのFW大野誠弥(政経1=東京・早大学院)が押し込み先制するも後半にペナルティコーナー(PC)から失点。一度は逆転するが再び失点し同点に追いつかれる。流れは一橋大に傾いていたものの最後は意地をみせた早大。終盤得点を重ねなんとか逃げ切り貴重な白星を手にした。

 前半、DFラインでのパス回しが目立った。前線にボールを当てるチャンスをうかがうも中々中盤との連携が取れない。前へ無理やり通そうとした球が、相手にカットされ逆にピンチを招く場面もあった。前にボールを送り出したい早大はFW宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)で溜めを作り、MF宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)を絡めたサイド攻撃で攻めの形を作る。ゴールを奪えないまま迎えた前半23分。芯で捉えたシュートではなかったもののFW大野がリバウンドに反応し先制する。一方、一橋大はロングパスでカウンターをついてくるなど早大ゴールに迫ってきた。ゴール前で粘る相手に対しDF中嶋鍊(スポ1=島根・横田)も踏ん張り1-0で前半を折り返す。

 「自陣でのミスが多い」(松本剛毅監督、平6卒)。後半早々、早大はPCを与えてしまう。ここはGK戸田翼(社4=滋賀・伊吹)が反応するもきれいに左隅に決まり同点に追いつかれた。このままでは終われない早大は宮崎主将の個人技でチャンスメイク。華麗なドリブルで相手をかわしゴールを決め再び勝ち越しに成功した。しかしその後は、立て続けにPCを与えてしまいピンチを迎える。一橋大の確実なPCからまたもや失点し追いつかれてしまう。終盤は焦りもある中で早大の時間帯が続いた。ゴール前で守りを固める一橋に対し厳しく攻めた宮崎主将のゴール。PCのこぼれ球を大野が押し込みなんとか逃げ切った。

 「課題しか残らなかった」と宮崎主将が語るように終始苦戦をしいられた早大。試合後、反省点が露呈した選手たちは厳しい表情を浮かべていた。2週間後からは順位決定予選が始まる。きょうの課題を克服しさらに上を目指して戦い抜いていかなくてはならない。