男子部 関東学生秋季リーグ駿河台大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 下長根沙羅、写真 安本捷人 )

  明大八幡山グラウンドで、順位決定戦が行われた。対するは駿河台大。春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)では二戦二勝と相性のいい相手だ。試合は前半、一進一退の攻防が続くが、FW宮崎俊哉主将(スポ4=福井・丹生)が二連続得点し、一歩リードする。しかし前半終了間際にまさかの失点。その後もリズムを掴むことができず、後半さらに失点し、2-3で敗戦。この結果で7位以下が確定し、あとがなくなってしまった。

 試合開始直後、宮崎主将が得意のドリブルでゴール前にボールを持ち込むも、連携が取れず、得点には繋がらない。その後は幾度となく相手の猛攻を受けるが、DF齋藤湧大(スポ1=栃木・今市)を中心に守りを固め、失点を防いだ。早大にチャンスが訪れたのは29分。相手のミスからペナルティストローク(PS)を獲得すると、宮崎主将が鋭いシュートを決めて先制点を挙げた。さらに宮崎主将が自らサークル内にドリブルで持ち込み、2点目。2-0とリードを広げた。勢いに乗って折り返すと思われた前半終了間際、試合は急展開を見せる。相手にペナルティコーナー(PC)から立て続けに得点を奪われ、2失点。試合は振り出しに戻った。

自らのスティックで2点を挙げた宮崎主将

 迎えた後半。序盤からMF宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)がチャンスを作るも、決めきることができない。前半の疲れもあり全体的に足が止まっている中、16分には相手にPCを奪取され、勝ち越しの点を与えてしまった。何とか巻き返しを図りたい早大だが、22分、28分にPCを獲得するも相手の好セーブに阻まれ得点に結びつけることができない。その後も相手優位の時間帯が続き、2-3で試合終了。拮抗(きっこう)した試合展開だっただけに、悔しい敗戦となった

1点が遠く、苦しめられた

 「2点先制できたのに前半のうちに2点取り返されたのが敗因だと思います」と宮崎主将は試合を振り返る。春季リーグ戦での連勝を始め、相性のいい相手であると感じられた分、1つのミスが命取りになるシビアな戦いとなった。また、今試合の黒星によって秋季リーグ戦7位以下が確定し、入替戦に回ることになる。厳しい戦いを強いられている早大ホッケー部。2部降格は絶対に避けたいところだ。今こそその真価が問われる。