女子部 関東学生秋季リーグ 東京農業大学戦

 提供 早稲田スポーツ新聞会(記事 成瀬允、写真 元田蒼)

 秋季関東学生リーグも最終戦を迎えた。勝てば3位が決まる大一番の相手は東農大。試合開始直後に相手に得点を許し嫌なムードが漂う。しかし後半に入ると、ペースをつかんだ早大は果敢に攻め込み逆転に成功。体を張ったディフェンスで相手につけいる隙を与えず逃げ切り、見事な逆転劇で白星をつかんだ。

 前半開始早々試合は動く。試合の立ち上がりを課題とする早大は、この日も浮き足立つ序盤を狙われた。東農大のセンターパスから、一気に右サイドから攻め込まれペナルティコーナー(PC)を奪われる。このピンチを切り抜けたかったが、冷静にゴールを決められ先制点は東農大。早く同点に追いつきたい早大だったが、連携がうまく取れず、相手の守りをなかなか崩すことができない。さらにグリーンカードによる2分間の選手の退場が2回あり、相手よりも人数の少ない状態が続き、厳しい場面を迎えた。それでも相手に好機を作らせず、ディフェンスが粘りを見せる。そのまま最少失点で相手を抑え、後半の巻き返しを図った。

 続く後半、早大はアグレッシブなディフェンスを見せる。DF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)が闘志あふれる攻守を連発。相手に得点の糸口をつかませない。すると後半12分、オフェンスで目標としていた右サイドからの攻めでチャンスを作ると、ゴール前でパスを受けたFW瀧澤育未(スポ4=滋賀・伊吹)が鋭いシュートを放ち同点。勢いそのままに得点を重ねたかったが、またしてもグリーンカードによりディフェンスの要であるDF村山侑季(スポ4=栃木・今市)が5分間の退場を余儀なくされる。だが、このピンチを冷静にしのぎ、流れをつかむとPCを奪取。DF片倉優季(スポ1=山形・米沢商業)の放ったパスに瀧澤育がうまく合わせ、この日2度目のゴールを奪い逆転に成功する。試合終了間際、相手が意地を見せゴールに迫り来るも、万事休す。試合終了を知らせるブザーと共に、選手達からは笑みがこぼれた。

 激闘を制し秋季リーグを3位という結果で幕を閉じた。試合後「安心しました」とMF小澤眞帆主将(教4=埼玉・飯能)は表情を緩めた。今シーズンも駿河台大の壁は厚かったが、いい形でリーグを戦い終えた。次はいよいよ早慶定期戦となる。互いの意地と意地がぶつかり合う伝統の一戦。負けられない試合はまだまだ続く。