女子部 関東学生春季リーグ 慶應義塾大学戦

 (早稲田スポーツ新聞会提供 記事 安本捷人、写真 成瀬允 )

 待望の春がやってきた。男子部から遅れること1週間。女子ホッケー部の春季関東学生リーグがついに開幕した。注目の開幕戦は『早慶戦』。慶大を東伏見に迎えた一戦は、地力で勝る早大が終始ボールを支配した。しかし決め手に欠け、理想の試合展開へ持ち込むことができない。結果は3-0と嬉しい開幕戦勝利にはなったものの、課題も残る内容だった。

 試合は前半から早大ペースで進んだ。攻撃、守備とも慶大を上回った早大が常に敵陣でボールを保持。敵の攻撃は中盤でその芽を摘み、再び早大の攻撃に転じる試合運びを見せた。そして最初の得点は前半8分。敵サークル内へ持ち込んだルーキーのMF南家未来(教1=京都・立命館)が獲得したPC(ペナルティーコーナー)から最終的にPS(ペナルティーストローク)を得て、FW井上燦(スポ4=福岡・玄界)が冷静にゴール左隅へ叩き込んだ。早い段階で流れ良く先取点を獲得した早大。ここから流れに乗って得点を重ねていきたいところだったが、それ以降は敵ゴールを破ることができない。ピンチの場面はほとんど無く、サイドを中心に何度も好機はつくるものの、あと一歩のプレーが届かず。敵GKの好セーブも光った。結局前半はPSでの1点のみと寂しい結果で試合を折り返す。

デビュー戦ながら存在感を見せた南家

 後半も南家やDF片倉優季(スポ2=山形・米沢商)を中心に攻撃の手は緩めず、次々と敵サークル内へ侵入しPCを獲得する。しかしやはり決めきれず、試合開始から後半20分まで8度のPCを獲得しながらもそこからの得点は生まれなかった。待望の追加点は後半22分。中央から片倉が敵の守備をかいくぐってサークル内に切り込み、ゴール左手前から右隅へ流し込んだ。すると後半26分に獲得した9度目のPCでは、井上がリバウンドをしぶとく押し込んで3点目。慶大を突き放し、そのまま白星をつかんだ。

2得点の活躍でチームに貢献した井上

 見事開幕戦勝利を挙げた早大。しかし選手たちが「得点は伸びなかった」(DF片柳陽加主将(スポ4=栃木・今市))「決められなかった」(南家)と口にしたように、圧倒的なボール支配率の一方で、サークル内で好機をつくる場面が少なかったのも事実だ。早大女子ホッケー部の目標は1部残留でも王座出場でもなく、関東優勝、そして全国で4強を倒すこと。攻守とも良い形はできているだけに、最後の決定力を高めてその目標へと近づきたい。次戦の相手は成城大。実績は勝るが、油断無く、その次に控える難敵・駿河台大との試合へ弾みをつける勝ち方を見せてほしいところだ。