男子部 関東学生春季リーグ 法政大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 元田蒼 )

 

 初戦、東農大戦に敗北した早大。上位リーグ進出に向けて絶対に負けられない一戦に挑んだ。対する法大は昨年の春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)1位を始め、着実に結果を残してきた勢い十分のチームだ。試合は拮抗(きっこう)した展開から前半終了間際に先制点を獲得する。前回の敗戦で抱いた不安を拭い去りたい早大だったが、後半、点の取り合いで同点に追いつかれた。勝ち越し点を狙うが、相手の速攻に対応できず逆転される。勝ち点3を逃し、春季リーグ戦制覇の夢はついえた。

 早大のセンターパスで始まった第2戦。開始早々、MF宮口和樹主将(スポ4=滋賀・伊吹)のクロスで先制のチャンスを演出するが、サークル内で合わせることができず得点には至らない。早大は8分と22分にペナルティコーナー(PC)を獲得。先制してペースをつかみたいところだが、いずれも枠をとらえることができない。法大も負けじと早大ゴールを脅かすが、GK山本健悟(社2=滋賀・伊吹)の守備が光った。今試合で大学初のフル出場を果たしたMF山下翼(スポ1=滋賀・伊吹)もサークル間際で攻撃の芽を摘み取り、守備に貢献。前線にボールを送り、攻撃にも積極的に参加する。互いに決定打が出ない、均衡状態を破ったのはFW清水拓登(スポ1=滋賀・伊吹)だった。法大のDF陣を単独で抜き去りシュート。東農大戦後、「点を取ってチームに勢いをつけたい」と語ったルーキーが有言実行の働きを見せた。

1年生ながらフル出場を果たした山下

 早大の1点リードで迎えた後半、追加点を奪取するため攻撃に奔走する。しかし、前半から戦い続けている選手たちには疲労が色濃くにじみ、徐々に足が止まり始めた。相手選手に追いつけず自陣で必死に守る場面が増える。21分、相手のPCをしのぎ、胸をなで下ろしたのもつかの間。ゴール際の攻防に屈し同点に追いつかれた。この失点を皮切りに、激しい点の取り合いが始まる。速攻を仕掛けた早大は23分にPCからDF齊藤湧大(スポ2=栃木・今市)がこぼれ球を押し込み逆転。再びリードを奪った。ところが25分には法大がGKの頭上を打ち抜くシュートでまたも同点に追いつく。たった3分の間に3点が動く波乱の展開。緊迫した状況を脱するべく両チームは攻撃の手を強めるが、後半終了間際、早大は法大の速攻に対応できず勝ち越しの点を入れられる。これが決勝点となった。試合終了のブザーが鳴り響き、肩を落とす早大の選手たち。怒涛(どとう)のシーソーゲームは法大に軍配が上がった。

攻守でチームに貢献した齊藤

 前半は早大のペースで進み、先制点も獲得した。しかし人数の壁は早大の前に大きく立ちはだかっている。体力の消耗が著しい後半には相手の動きに追いつけず、失点に結びついた。また、春季リーグ戦の結果は全日本大学王座決定戦(王座)の出場権に深く関わっている。今試合の黒星で1~4位を決める上位リーグへの進出が叶わなくなり、戦況はより厳しいものとなった。出場権が与えられる5位以内に入るために、残りの時間で課題を修正できるか。たった1度きりの夏のために、もう1試合も落とせない。