女子部 早関交流戦

 

(早稲田スポーツ新聞会提供 記事 榎本透子、写真 成瀬允、喜柳純平 )

  春シーズンの締めくくりとなる早関交流戦が行われた。対戦相手の関学大は強豪がひしめく関西学生リーグ戦で、大学女子ホッケー界の『4強』の一角である立命館大、天理大に次いで3位に入る、実力者ぞろいのチームだ。また、先日行われた全日本大学王座決定戦では早大と同じく、ベスト8まで進出している。試合は早大に得点の機が多くあったものの、後半関学大に1点を献上し惜しくも敗戦。昨年の雪辱は果たせずに終わった。

試合は早大の得点のチャンスで幕を開けた。前半3分、MF的場朱音(教2=滋賀・伊吹)のボールをDF瀧澤璃菜(スポ3=岩手・沼宮内)が合わせるも、枠の右に外れる。変わって11分には関学大にサークル内に攻め込まれたが、関東春季リーグ戦でGK王を獲得した早大の守護神・GK南有紗(スポ4=埼玉・飯能)の守備が光った。早大は前半に2回のペナルティコーナー(PC)を奪取したが、いずれも相手の堅守に阻まれ、先制点をあげることはできなかった。試合はドローのまま、後半へと突入する。

果敢に攻め込む的場

 早大、関学大ともに攻勢を強めるも、互いの守備を崩せないまま進んでいく後半。終了間際、試合が動いた。29分に早大がこの試合4度目のPCを獲得。FW稲田くるみ(スポ4=佐賀・東明館)のシュートが阻まれ、FW井上燦(スポ4=福岡・玄海)がリバウンドを拾ったものの、ゴールの左に外れた。関学大がボールを前線に運び、左からふわりと押し込んだ。残り時間10分を切ったところで痛い失点。その瞬間を「早大が有利な試合だったからこそ、油断となった」(DF安達里奈、スポ4=神奈川・洗足学園)と振り返る。必死の反撃は実らず、昨年のリベンジは果たせなかった。

安定した守備をみせる安達

直後に行われたフレンドリーマッチでは3年生以下のフレッシュな顔ぶれがそろった。FW中村咲(教3=東京・成城学園)は試合後、「4年生がいないと難しい」と語った。現在の主力メンバーである4年生が早大のユニフォームをまとって戦う時間は、もう半年を切っている。今試合で各々の意識に訴えるものがあったのならば、秋季リーグ戦、インカレに向けてはもとより、来年の早大女子ホッケー部にとっても大きな収穫となっただろう。

敵陣に攻め込む井上

今試合をもって春シーズンは終了となり、鍛錬の夏へと突入する。厳しい練習を積み、一回りも二回りも大きくたくましくなった早大女子ホッケー部を待ち受けるのは秋季リーグ戦、インカレ。4年生にとっては大学ホッケーの集大成となる。『4強』を倒した先を見るために、この夏は1分1秒も無駄にできない。