男子部 関東学生秋季リーグ 駿河台大学戦

 (早稲田スポーツ新聞会提供:記事 新藤綾佳、写真 成瀬允、山本野乃) 

関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)二戦目となった駿河台大とのゲームは上位リーグに進出するためにも勝つことが条件だった。早大にとっては相性の良い相手出会ったが、「油断せずに戦った。」と原聡監督が振り返るこの一戦は早大のペースで進められた。第1クオーター(Q)は無得点だったが第2QでFW糸賀俊哉主将(スポ4=島根・横田)がシュートを決めリードし試合を折り返すと第4QでDF中嶋鍊(スポ3=島根・横田)が2点目を決め秋季リーグ初勝利を飾った。

 早大のセンターパスで幕を開けたゲームは早大が積極的に攻撃を仕掛ける。開始直後FW大野誠弥(政経3=東京・早大学院)からFW清水拓登(スポ2=滋賀・伊吹)が敵陣に攻め込みシュートを打つがここは惜しくも外れてしまう。先週春の王者・法大と好ゲームを繰り広げた駿河台大も食らいつく。第1Q中盤相手選手が一気に駆け上がるがDF依田星也(商2=東京・早大学院)が好守を見せる。終盤相手の攻撃をカットしDF湯本修嗣(政経3=東京・早大学院)からFW大野にパスが繋がるとサークルに侵入し、直接シュートは打つことができないものの相手のミスを誘いペナルティーコーナー(PC)を獲得。しかしここはものにできず0対0で第1Qを終えた。第2QではDF湯本が起点となり好機を演出するもゴールとならない。直後FW糸賀主将がボールを持つとドリブルで相手をかわし思わず観客から歓声が上がるような華麗なシュートを決めた。

 

 1点リードしても迎えた試合後半。得点の機会を一気にひっくり返され攻められる展開を迎えるがGK山本健悟(スポ3=滋賀・伊吹)の堅い守りによって難を逃れる。駿河台大もシュートを打つ場面もあるが決定力を欠き試合は均衡する。第4Q前半、早大は連続してPCを獲得するが相手キーパーを前にゴールネットを揺らせない。このまま試合終了かと思われたが、早大は5回目のPCをものにする。パッサーからボールをDF中嶋がしっかりと決め相手を突き放し2対0で勝利した。

 

 駿河台大から得た勝ち点3は上位リーグに進むためにも大きい。勝利にも「攻める中で詰めのところが課題」(原監督)と表情を引き締める。次戦は関東学生春季リーグを制覇した法大だ。リーグ優勝へ向けて弾みをつけるためにも非常に重要な一戦となるだろう。2週間後、課題を克服しステップアップしたチームを見るのが楽しみだ。

 

Youtubeにてハイライト映像をご覧いただけます。