女子部 関東学生春季リーグ順位決定予選 駿河台大学戦

 

早稲田スポーツ新聞会提供 記事 新藤綾佳、写真 細井万里男、佐鳥萌美 )

 

  関東学生春季リーグ(春季リーグ)のプールAを2位で通過した早大は決勝進出をかけて駿河台大と対戦。駿河台大はここまで3戦全勝かつ失点も1点に抑えている好調のチームだ。早大としても近年駿河台大戦での勝利はつかめておらず、何としてでも打ち破りたい壁であった。しかし試合は開始直後先制点を奪われてしまうと、その後も追加点を決められ敗北。早大は3位決定戦にまわることになった。

 

 雨が上がったグラウンドで行われた順位決定戦予選。早大のセンターパスで幕を開けたゲームは開始とともに動いた。一瞬の隙を突かれ相手に先制ゴールを許してしまう。開始早々の失点ということもあり早い段階で追いつきたい早大は3年生コンビのMF南家未来(教3=京都・立命館)とFW古屋萌杏(スポ3=埼玉・飯能)の連携で相手サークル手前まで迫るがあと一歩で阻まれてしまう。第1Q中盤にはフィールドゴールから追加点を決められると終盤にはペナルティーコーナー(PC)でGK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)が好セーブを見せたがサークル内での混戦の中3点目を許してしまう。立て直したい早大であったが、第2Qも第1Q同様に立ち上がりでゴールを決められてしまう展開へ。しかしその後は失点を許さず0-4で試合前半を終えた。

 

 追う展開で迎えた第3Qでは早大が積極的に攻撃を仕掛けていく。MF南家がゴールを狙う場面もあったが、駿河台大も堅実な守備を見せシュートまで持ち込めない。一方駿河台大も攻撃の手を緩めず、2度のPCをきっちりと決め点差を広げていく。第4Qでは必死に守るも相手の個人技など実力差が浮き彫りとなり次々とシュートを決められてしまう。早大も最後まで粘るも0-11で黒星を喫した。

 

 「あまり上手くはまっていなかった」と試合後MF的場朱音副将(教4=滋賀・伊吹)が振り返ったように山梨学院大戦に続き2ケタの得点差をつけられ敗北してしまった早大。『3位奪還』という目標達成の為にも次の3位決定戦は負けられない。残り2週間、チームの修正力が試されている。